JR西日本 大阪環状線

大阪環状線 芦原橋駅

大阪環状線巡り、大正駅の次は芦原橋駅。


私自身芦原橋駅のホームに降り立ったのは今回が初めてだと思います。

まあ、この界隈に来たことは何度もありますが・・・電車での訪問はないかなぁ。


とまあ、そんな芦原橋駅ですが、
この駅は環状線の中でも乗車人数が2番目に少ない駅であるようです。

ちなみに一番はこの駅の隣の今宮駅(なんとなく納得できる)なのでこの近辺が一番環状線を利用されていない場所といえるのではないかと思えます。

だからといって、この辺りに人があまり住んでいないというわけでもないのですけどね。


芦原橋駅。

出入り口は2箇所でこちらは北口。
北口は通りにも面していて割りときれいになってます。


南口。

こちらは昔のままのような感じの駅舎。


ホームはこんな感じ。

他の駅と比べて微妙に幅が狭い気がします。


で、駅周辺はというと
この辺りは皮革産業がとても栄えていたところで、
そういったこともあってか太鼓の産地としてとても歴史のある場所だそうです。

駅前にも太鼓のメーカーが店を構えてます。


だから駅近辺にはこのような太鼓をモチーフとしたものが数多く見られます。


それっぽくうまく表現しているバス停の椅子

停留場の壁などにも太鼓の名称などが紹介されてます。


駅の南口の前にある電話ボックスの上にもこんな太鼓が・・・・。

電話ボックスの上って事もあり、なんだかダイナミックなかんじがします。


更にこんな植木のところまでもが太鼓の塗装が。

さりげない。


歩道脇にある太鼓の解説のような案内板。
もちろんこれも太鼓の形。


まだまだ出てくる、今度は太鼓の銅像。

もう太鼓ばかりでお腹がいっぱい。

私が見つけたのはこれ位でしたが、きっとこれ以外にもあるんじゃなかろうかと思います。
それぐらい周辺は太鼓太鼓太鼓。


そんな太鼓ばかりの芦原橋ですが、太鼓以外では駅から5分ほど歩くと都会のローカル線、南海汐見橋線の芦原町駅がひっそりと佇んでいたりします。

大阪市を走っている路線にもかかわらず知らない人も多い、ちょっと悲壮感漂うそんな路線。

とはいえ個人的にですがそれがまたいいんですが・・・。


汐見橋線 

列車は30分に一本。


というわけで芦原橋でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪環状線 大正駅

大阪環状線駅巡り第5回目の大正駅へ行ってまいりました。

個人的に大正駅のある大阪市大正区といえば、まず頭に浮かぶのは京セラドーム、次いで沖縄料理。
そんな大正区を散策してみます。

ちなみに今回今あげた二つはあまり出ませんが・・・。


というわけで、早速駅名標を撮影。



ホーム。

結構幅があって人の降車もありそうな感じですが
関空快速などは通過する駅であります。



大正駅。
駅前は交通量が多く結構ガヤガヤしています。


車窓からでも見える京セラドーム。

この辺りでやはり一番目立つ建造物。
オリックスバファローズの本拠地。


そして大正区という場所は市バスがとても重要な交通手段になっており、
バスの停留所の数が多いところであります。

そういった事情があってか、ここのバスには急いでいる人のために乗客が居ようと居なかろうと一部の停留所しか止まらない急行バスなんてものが存在してます。

あと、バス以外にも大阪で8箇所ある渡船場(渡し舟乗り場)の7箇所が大正区から乗れたり、大阪市内の中でもかなり特殊な交通事情を持っているのが大正区であります。



で、今回そんな大正駅へやってきて、ぜひ行ってみたいと思った場所が2箇所あったのでそちらへ向うために途中レトロなスプライトの看板に目をやりながら南下することに・・・・・。

(ちなみに今回行く場所は駅から歩いていくには結構遠いです。最低自転車は必要な距離)



そして南下すること約4キロちょっと・・・・

やって来たのは大正区の最南端にある中山製鋼所。

大正駅は大正区の北側に位置しているので丁度大正区を縦断するような形でやって参りました。

ちなみにここは、
かなり前の洋画ですが、ブラックレインのロケ地にもなった工場で、あたりも異質空間漂う工場地帯であります。

そんなところにある特殊な建物を見上げていると
その雰囲気に圧倒されそうな気持ちにさせられます。

更にこれが夜だとその雰囲気も倍増しそう・・・。



製鋼所のおびただしい数のパイプ類。

なんともいえない重厚な鉄の雰囲気を強く醸し出してます。


で、こちらはその製鋼所のそばにあったポスト。

この辺りの環境からか、さびで集配時間の案内が取れかかってる。


そんな中山製鋼所から今度は少し西へ向かうと大阪に8箇所あるうちの一つである船町渡船場があります。

もちろん橋の変わりなので利用するのは無料。

利用しようか迷ったんですが今回はパス。


渡船場から更に西へ進むと大阪の港区と住之江区を結んでいる全長980mある世界最大級のトラス橋が見られます。
赤がかなり目立っている大きな橋です。

このそばには、なみはや大橋なる
これまた特殊な形の橋の入り口があるのですが写真が微妙なので画像はカットです。歩行者も通行可能。

橋を渡りたかったのですが、これ以上西へ進むと大正区からは大きく外れてしまうので橋は渡らずじまい。

辺りはというと湾岸沿いで人気が少なくちょっと寂しい・・・。

西側を後にして、今度は中山製鋼所を基準にすると東側にある千本松大橋へやってきました。

ここも大正区で来てみたかった場所で、
通称メガネ橋と呼ばれている大きな橋で、大正区と隣の西成区をメガネのような形で結んでいる橋です。

ちなみに歩いて上ると必要以上にぐるぐると歩かされるため結構疲れます。そういったこともあり、ほとんど歩行者はいなかったです。(大体の人は渡船場を使ってると思います。)

高速ではこういった形の入り口はあるのですが、歩行できる意味で少しばかり興味を持った橋であります。


で、地上からグルグルと螺旋状に橋を上ってメガネ橋の頂上へ到着。

ここから先ほど見てきた中山製鋼所が眼下に見渡せます。

もう煙突がいっぱい。


こちらは大正区にある商店街。
こういった商店街を練り歩くのはとても好きであります。

とまあ、そんな感じの大正駅でした。(今回覗いた場所は駅からかなり離れてる場所ばかりだけど・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪環状線 弁天町駅


大阪環状線巡り、弁天町駅です。


ホームはこんな感じ。

なんかガラーんとした感じのホームです。


弁天町駅北側。

北側はバス、タクシーのターミナルになっています。


こちらは南口。


南口の前は中央大通りと国道43号線が通っており
そこを大型車が多く行き交って騒音もすごく、とてもガヤガヤしています。


駅すぐのところにある公園。

ここで一休みするには車の騒音がうるさすぎる。


これは駅前に聳え立っている巨大複合施設オーク200。

高さが200mあることからこの名がついているとのこと。

中はオフィスやショッピングセンター、プールなどの施設が入っています。

このすぐそばにはクロスタワー大阪ベイなる200mの高層マンションも聳えてます。


中にあるアトリウム。

都会的な感じが伺え、ここを訪れている人の憩いの場になっているのでしょうか。
とは言え、あまり人は居ませんでしたが・・・。


こちらは地下鉄中央線の弁天町駅。

地下鉄は御堂筋線以外ほとんど乗ったことがないので
この線がどこからどこまで続いているのか今でもよくわからない・・・。

でもね、この区間は地下鉄なのに環状線の上を走っていたりして
少し違和感を感じる地下鉄中央線であったりする。




で、私にとって弁天町駅と言えば交通科学博物館あるところ・・・。

すげぇ久しぶりに入ってみることにしました。

入場は400円でリーズナブルです。


弁天町の高架沿いにある交通科学博物館のディーゼル機関車。

次回は交通科学博物館へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪環状線 西九条駅

前回の更新からちっとも進んでいない大阪環状線巡り。

野田駅から約半年ちかく・・・このまま企画倒れ・・・


そうとらわれても仕方がない状況ですが、

そうならないようになんとか全て巡ってやるつもりでいます。(今のところ)


まあ、何はともあれ環状線巡り3回目の西九条駅です。


しかしよく見るとこの駅名標、見にくい画像の上に、ゆめ咲線のだ。

あまり意識しないで撮ったからだけど・・・まあいいや。

ちなみに訪れたのは秋だったりします。


ホーム。

真ん中の線路がゆめ咲き線、外側の2線を環状線が走っています。


JR西九条駅。

JRの高架の上には
この春開通の阪神なんば線の高架が工事中でした。


駅前はスクランブル交差点で結構な交通量です。

あと、画面左の建物は阪神西九条駅。
一応JR線と階段でつながっています。


JR西九条の高架下。

高架下は飲食店が立ち並んでました。



さらに駅周辺を適当にさまよってみます・・・。

するとですね・・・・




またOKの文字だ。
福島駅の高架下でも見たOK番街
ここ、西九条駅高架下にもありました。

しかもここのは18番・・・・・


2番街は福島駅。

そのわずか2駅進むと18番って・・・


飛びすぎだろ

3~17番街はどこ・・・・・?

ひょっとしてここのはOKI 8番街なのだろうか。

それでもまあ、似たようなものには変わりない。

で、やはり中がどうしても気になるので通ってみることに・・・・


しかしここも福島駅同様
私が訪れたときはほとんどシャッターで覆われていた。

まあ、夜になると営業しているのでしょうけど。

飲食街というより、何かの市場のような雰囲気がしないでもない。


その後、今度は安治川の方へ足を向けてみるとこに・・・。

これも阪神なんば線の高架。
訪れたときはシートで覆われてましたが、そろそろ開通の今現在は
どうなっているのだろう。


西九条駅から安治川の方へ歩いて約5分
安治川トンネルという、川の下を通る河底トンネルの入り口に出ます。

そしてこのトンネル、作られはじめたのは昭和10年、完成は昭和19年と結構古い河底トンネルです。

みなさんこのエレベーターを降りて川の対岸へ向かうところ。

あと右にある信号の後ろには階段も設置されており、夜間のエレベーターは停止しているので、こちらを通ることになります。


と言うわけで私もこのトンネルを使って対岸へ向かうことに・・・

中は人がすれ違えるだけの幅しかないので
乗り込んだ人はこのように一列になって
ぞろぞろと対岸のエレベーターまで歩いていきます。

この壁を全面アクリル板のように透明にしたらちょっと面白いかも・・・・

まあ透明にしたところで川は汚い緑色の濁った状態で何も見えないでしょうけど。



で、大体3分ほど歩くと
安治川トンネルの南側に到着。

ちなみに料金なんて要りません。

この辺りは大型船の往来などもあって、川に中途半端な橋を架けると船の妨げになるし、それ相当の高い橋だと歩行者が大変なのでこのような措置がとられているようです。
橋がトンネルになっていると思ってもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪環状線 野田駅

JR 野田駅
大阪環状線巡り、2回目の野田駅です。

でも、福島駅より、この駅の方を先に訪れていたりして・・・。

野田駅 ホーム
まあ、そんな細かい事は置いといて、野田駅ホームです。

福島駅とあまり変わり映えのしない景色とホーム。

きっぷ売り場
きっぷ売り場。

野田駅前
野田駅前。 駅前と高架下には小さな商店が並んでいます。

あと、放置自転車が・・・凄いことになっている。


市道が通っているほうの駅前。こっちも自転車がいっぱい。


野田駅の側にある、地下鉄千日前線の玉川駅。

阪神野田駅とは乗り換えられないのに・・・

皮肉にもこの玉川駅という名の駅とは乗り換えられます。

ちなみにこの玉川駅の隣が千日前線野田阪神駅で、そこでは阪神野田駅と乗りかえられます。
まあ、ここから阪神野田駅とは、
しれてますが、一駅離れているということです。


駅前にある野田城跡の石碑。 
戦国時代に浦上掃部という人がここに築城したらしいのですが、今はその城の痕跡などは町に消されて全く残っていません。

ランタナと
最後は103系と市バスとランタナ(和名はシチヘンゲ)の花で終わらしたいと思います。 
ちなみにこの花、
花の色が変化していくのが特徴で、この場合、黄色から徐々に赤に変わっていく不思議な花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪環状線 福島駅

大阪環状線は私自身、これまでに何度も乗り降りしてきている馴染みの深い路線ですが、

それをぐるっと一周して完乗と言うのもなんだか物足りなく感じましたので、
それならば、大阪環状線にある各駅を不定期に巡ってやる事にいたしました。

駅名標
と言う事で、
第一回目は大阪駅の隣、福島駅から。


福島駅 ホーム
福島駅ホームで電車を見送り、ホームの外へ向かいます。

JR 福島駅
大阪環状線福島駅。
福島県にある福島駅と区別する為に、この駅のきっぷは“(環)福島”と印刷されています。


あと、駅は高架ですが、その駅の前には貨物線の踏切が通っています。

貨物以外にも“特急はるか”や”くろしお”などがここを通ったりしているようです。

福島聖天通商店街
そして、駅のすぐ側にある、福島聖天通商店街。

で、そこには売れても占い商店街と・・・・。 このとてもストレートな駄洒落に思わず立ちくらみが・・・。

幟
そんな商店街の中を歩いていくと、至る所に売れても占いの幟が立っています。

灰皿
灰皿と分りにくいですが、灰皿までにも・・・

で、これだけこのフレーズを前面に押し出しているのだから、
ここには占いの店がぎっしりと軒を並べているに違いないと想像が出来るのですが・・・


この商店街、その肝心の占いの店が全く見当たらない。

別に何かを占って貰おうとは考えてませんが、「本気で何も売らない(占い)のか?」と疑問を投げかけてみたくなるぐらい、占いの店がない。

で、後から調べてみると、この商店街はイベントとして占いデーというものを設けて、その時には約30人の占い師がここに店を出しているようです。

それ以外は普通の商店街のようです。



とは言っても、全く占いの店が無いわけでも無いようで・・・

・・・あった。それっぽいお店。

でも、営業はしていない。   

「???」

どうやら、見落としたもう一軒のほうで営業をしているとの事。
日時によってこちらの店と見落とした店を交互で営業しているみたい。

しかし、この時点ではそのような事情は全く知らなかったわけで、平日ならまだしも、休日であるこの日に営業をしていないなんて、「おっかしいな、おっかしいな」と首をかしげさせられるばかりでした。

聖天寺
そんな中、占い以外に目に付いたものと言えば、商店街の中ほどにある聖天寺と言うお寺。 
この商店街はこの聖天寺の参道だそうです。

ここにもおみくじと言う占いがあるかもと・・・

いざとなれば、ここが「売っても占い」と、半ば無理やり納得させてお茶を濁そうかと思うことも・・・。(まあ、実際に占いの店もあったので、その必要もなかったのですが・・)


そんな聖天通商店街をとりあえずはひと回りして、再び駅の方へ戻ってきました・・・。
環状線の高架の上にはオレンジじゃなく、スカイブルーが。



そして福島駅の高架下にはこんな名前の飲食街が・・・

OK2番街って・・・

なにがOK2番なんだろう・・・

少し気になったので中を覗いてみた。


シャッターばかりで、ほとんど営業していなかった。  おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)