【近畿】阪急電鉄

阪急電鉄 今津駅

今回で一応
阪急・能勢電鉄の徘徊記録も一区切り。

残りの阪急沿線はまたの機会と言うことで・・・。


と言うことで西宮北口で乗り換えて阪急今津駅へ到着。


阪急今津駅。

駅は高架駅で、すぐ近くには阪神今津駅があります。


阪神今津駅とはこの陸橋で結ばれていてそれほど不便に感じなくなっています。



こちらは阪神側の高架。

ちょうどT字型のように阪急今津駅と結ばれています。


阪急今津駅ホーム。



最後は西宮北口駅の今津線ホーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 宝塚駅

箕面駅から次にやって来たのは阪急宝塚駅。

阪急 宝塚駅 駅名標
これにて一応阪急宝塚線を完乗することに・・・。(まあ、阪急電鉄は千里線を除いて一度は乗っているんですけどね。)


阪急宝塚駅。 

劇場を思わせるような駅になっています。


駅前はJR線、阪神・阪急バスなどが通っており、多くの人で賑わっています。


そして、こちらはJR宝塚駅。

阪急と比べたら、
とてもちんちくりんに見えてしまいます。

しかし、
そういった事もあってか、現在は橋上駅にする改修工事の真っ最中です。


阪急宝塚駅構内にある西国七福神の像。

阪急沿線にある七福神を祀っている神社を紹介しいるようです。

その朱印集めの企画もあるみたい。


宝塚駅ホーム。

この駅からは阪急宝塚線と今津駅までの今津線が通っています。


と言うことで、
今度はここから今津線を使って今津駅に向かいます。

しかし、今津線といっても宝塚駅から今津駅までの直通の列車はないんですよね。
(以前はあったそうですが・・)

かならず西宮北口で今津線の専用ホームに乗り換える必要があるので、行き先は西宮北口行きだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 箕面駅

今年最後の更新は箕面駅です。

だからどうだというわけでもないですし・・・大晦日の雰囲気のある駅でもないですが2008年最後の更新であります。~~\(-ω- )


という事で、阪急箕面駅。

この駅の前は紅葉と滝が名所になっている箕面滝道の入り口があり、紅葉のピーク時などは大変混雑する場所です。



箕面駅ホーム。
ホームが少しカーブしている。

左が1号線列車のホームで右が2号線。

普段は1号線を使い、臨時や直通列車が来るときは2号線も使うそうです。



駅名標とホーム。

この駅から箕面公園へ行く人がちらほら見られました。


車止め。


最後は駅前にある、青い地球という銅像。

母親らしき人はいったい誰に手を振っているのだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 石橋駅

阪急箕面線に乗るために川西能勢口から2つ目の駅、石橋駅へとやって参りました。

この駅から阪急箕面線が出ています。

石橋駅
大阪府池田市にある阪急石橋駅。

こちらは東口なのですが、
駅前はとても狭くなっていて、辺りもなんだかごちゃごちゃしています。


で、こちらは西口。

東口よりも更に狭くて窮屈・・・それでいて人が割りと多い。


駅周辺の通り。

映画のセットみたいにならんでいて、とても狭い。


駅構内に移って、駅名標。

手前の2番ホームが梅田方面、奥の1番が宝塚方面。


箕面は紅葉の名所ということもあってなのか、ホームには紅葉の葉が描かれていました。(でも、ここは箕面駅ではなく、石橋駅ですが・・。)


で、この5番線が箕面線のホーム。

このホームだけ単線で、平日のラッシュ時のみすぐ右にある3番、4番線が使われているそうです。

支線にもかかわらず割と多くの人が乗り込んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 川西能勢口駅


能勢電鉄を完乗して、再び川西能勢口駅へ戻ってまいりました。

とりあえず駅周辺などを撮影しました。


駅はちょうど県道をまたぐ様に設置されています。
あと、JR線の川西池田駅とも陸橋で一応つながっています。

でも少し離れていて、5分は歩かないといけないと思う。


阪急宝塚線のホーム。

能勢電鉄もあるので割と広い構内になっています。


駅前。

手前には何かのモニュメント、後ろの白いロウソク又は聖火台みたいなものはなんだろう?

火は灯るのか?・・・。


で、こちらは駅近くにあるショッピングモール。

その一角に佐世保バーガーのお店があったので昼食がてらに買ってみることにしました。

ちなみに私、この佐世保バーガーなるものは初めてで、イメージは大きなハンバーガーというものを持っています。


これが佐世保バーガー。

画像ではわかり難いですが玉子焼きやベーコンなどが色々と挟まっていて
とても具沢山なハンバーガーでした。

味はマクドナルドのように設定された味ではなく、手作り感の強い印象を受けた味でした。 

大きさも2種類(たしかかラージとスモールがあった記憶があるのですが失念)

で、これは小さいほうだったと思う。

量は個人差がありますが、私はこれ一個で十分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 梅田駅

能勢妙見山 周遊パス
阪急電鉄から発売されている能勢妙見山周遊パス(1500円)を使って
大阪の北部へと出かけてきました。

このきっぷは阪急電車全線と能勢電鉄、あと妙見山のリフトや一部の阪急バスなどが一日乗り放題になるきっぷで、4月から11月まで発売されています。

阪急 梅田駅
と言うわけで、まずやって来たのは阪急梅田駅。

ここから宝塚線を使って川西能勢口へと向かうことに・・。
ちなみに時刻は朝の5時30分。

とても眠い・・・。



日が昇ってくれば混雑が必死な阪急梅田駅。

ですが、さすがに早朝もあってか、
夜通し飲み明かした人がちらほらといるだけで混雑とは無縁な状況です。

阪急梅田駅 ホーム
ホーム。

神戸線から京都線まで多くの列車が出発を待っていました。

駅名標
駅名標。

阪急電車
阪急電車の車両なんて番号でしか見分けがつかない。

7018と書いているから7000系。

発車案内板
最後は梅田駅の発車案内板。(別の日の撮影なので時刻が12時になっている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 伊丹線

愛知県から地元兵庫県へ戻ってきてすでに数週間が経とうとしています。
今は、ようやくこちらの生活の勘を取り戻そうかといったところでしょうか。

そんな中、伊丹市に少し用事がありましたので、「それならば阪急伊丹線にでも乗ってみるか」と、あえて乗ってみることにしました。


阪急塚口駅
と言うわけで、阪急伊丹線に乗るために阪急塚口駅にやってまいりました。

阪急伊丹線は阪急塚口駅から伊丹駅までの3.1キロの路線で、阪急神戸線からのいわゆる盲腸線です。  


塚口駅ホーム。
伊丹線は伊丹駅から梅田なり三宮へ行く人が主に利用する路線なので、この時間の塚口駅から伊丹駅まで行く乗客はあまりいない。なので車内はガラガラ。 

私自身も最後にこの路線を利用したのは何時だったか覚えてなかったりします。


そんな伊丹線の乗車時間は5、6分・・・・



なので、何かを考える間もなく阪急伊丹駅へ到着。

駅周辺は繁華街にもなっていて割と賑やかな所です。

ちなみに、稲野、新伊丹、伊丹の3つある駅でこの駅だけ高架になっていて、
そして駅ビルでもあります。


阪急伊丹駅ホーム。

阪急伊丹線 
塚口駅からの伊丹線。

| | コメント (0) | トラックバック (0)