【東海】名古屋鉄道

名古屋鉄道 犬山駅~ 御嵩駅 名鉄岐阜駅

犬山城を拝見したあと、犬山駅へ向かい、今度は広見線に乗り込みます。

犬山駅
名鉄犬山駅前。
この駅、駅舎の上はマンションになっていて、すこし驚いてしまった。

通勤、通学にはとても便利そうだけど、どうなんでしょう・・・

御嵩駅
犬山駅から約30分ちょっと、岐阜県可児郡にある御嵩駅に到着。

とてもローカル色が濃い駅舎で、周りも長閑な場所です。
あと、ワラを焼いたような匂いが漂っていて、とても心地よい感じが印象的だった。

岩倉駅
その後犬山駅まで戻り、今度は犬山線を乗車。

特に理由もなく、なんとなく岩倉駅で途中下車。
時間を費やした以外は特になにもなく、再びホームに戻り名鉄名古屋駅まで行った。

名鉄名古屋駅で写真を撮ろうと思ったんですが、丁度ラッシュ時と重なってしまい撮影を断念。そのまま犬山駅まで戻りました。

犬山駅 ホーム
再び犬山駅。 

時刻は19時を過ぎ、
さすがに最終電車まで乗りまくるような気力もなく、そろそろ名鉄乗車も限界かなと考える。
最後に各務原線で名鉄岐阜駅まで行って、この旅を終わらす事に決断した。

名鉄岐阜駅
20時ちょっと前に名鉄岐阜駅に到着。

ポストの上から名鉄岐阜駅を撮影。

さて、疲れたからもう帰ろう・・・

μチケット
最後は名鉄の特別車両券(μチケット)350円を購入して豊橋まで帰りましたとさ。

おまけ
実は私、今は愛知県を離れ、地元兵庫県に舞戻っていたりしてます。

またいつ愛知へ戻ってもおかしくない状況なんですが・・・・・
とりあえず今度は関西が拠点ということで。


まあ地元に戻っても最近は何かと忙しく、なかなか更新が出来そうな状況ではない(もともと少ない)のですが、なんとか暇を見つけて関西の電車も乗っていこうかと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋鉄道 小牧線~モンキーパークモノレール

瀬戸線を乗り潰し、今度は名鉄小牧線に乗車するために尾張瀬戸駅を出発。

尾張瀬戸駅 ホーム
小牧線に乗るために、まず瀬戸線の森下駅へ向かい、
そこから上飯田駅まで歩く方法を選びました。

森下駅の前の駅、大曽根駅から地下鉄で行ったほうが早く上飯田駅に着くと思うのですが・・・私はあえて徒歩を選択。

森下駅
尾張瀬戸駅から約30分瀬戸線の森下駅に到着。
この駅は高架になっていて入り口がわかりにくい。

ここから上飯田まで歩きます。
上飯田駅
名鉄森下駅から徒歩で約20分、小牧線の上飯田駅に到着。
この駅は地下にあって、地下鉄上飯田線とつながっています。


上飯田駅 ホーム
ここで犬山行きの列車を待ちます。

犬山遊園駅
上飯田駅から犬山行きの列車に乗り込み、小牧線を完乗。
そのあと、犬山駅の次の駅犬山遊園駅で下車。

ここでモンキーパークモノレール線に乗ります。

この駅、団体客を想定しているのか、ホームの幅がとても広いです。
ここから改札で繋がっているモノレール乗り場へ・・・

モノレール乗り場
モンキーパークモノレール乗り場。

ここのモノレール
運行開始が昭和37年とモノレールとしてはとても古い線だそうです。

しかし、近年は客足が遠のき、車両、施設の老朽化などの理由により存続が困難となり、2008年12月に廃止する予定だそうです。

モンキーパークモノレール
そんな歴史あるモノレールに早速乗り込んだのはいいんですが・・・・

この日は平日、
なのでだれもこれに乗る人は居なく、少々気まずい雰囲気が漂う・・・


動物園駅
それでも列車は私を乗せて定刻通りに出発。
途中に見える犬山城や成田山の車内アナウンスなどに耳を傾けながら
無事に終点動物園駅に到着。

当然、動物園に行く予定など入れてないので、そのままこの車両で引き返した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋鉄道 瀬戸線

名鉄乗車の旅2日目。
この日の出発地点は名古屋テレビ塔のすぐそばにある栄町駅。

名鉄 栄町駅
ここからまず名鉄瀬戸線を完乗します。

尾張旭駅
栄町から約30分、尾張旭駅で途中下車。


水野良春
駅前には水野良春像がある。馬に跨り、なかなか凛々しい銅像です。

そして、この駅にはもう一つ銅像がありまして・・・


駅前ではないのですが、駅から歩いて10分ほどの所にある図書館の前に建つ
その名も毛受家照(めんじょう いえてる)像。

この人知ってます?信長の野望にも出てくる武将なんですが・・

私、この人の変わった性のおかげで、この武将の存在は知っていたのですが、
まさか銅像があるなんて思いもしなかったので、
それならば是非見てみたいと思い、ここで下車しました。


毛受家照は柴田勝家に仕えた武将で、賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、敗走する勝家の時間稼ぎのための身代わりとなって、秀吉と応戦。
最後は十分な時間を稼いだとして、自害して散った儚き武将です。

ちなみに、名前は色々な読み方があってはっきりしていないそうです。

尾張瀬戸駅
銅像を見たあと、再び瀬戸線に乗り込んで終点尾張瀬戸駅に到着。
とても綺麗な駅舎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋鉄道 豊田線~ 栄町

三河線猿投駅から今度は豊田線を完乗します。

梅坪駅
猿投駅から3つ目の駅梅坪駅。
ここから名鉄豊田線に乗り換え、赤池駅まで。

そして、そのまま戻るのもめんどくさかったので、
赤池駅から名古屋市営地下鉄鶴舞線に乗り、上前津駅で下車。

名古屋市営地下鉄 上前津駅
赤池駅から290円の上前津駅に到着。
この辺りでお腹も空いていたので味噌カツを食べた。

そのあと、名鉄栄町まで向かって瀬戸線を乗ろうかと思うも・・・


日も暮れかかっていたので、
ここらで、この日の名鉄乗車を切り上げ、

残った時間を名古屋の繁華街で過ごし、この日は終了。




テレビ塔
名古屋市の久屋大通り公園内にあるテレビ塔。
高さは180メートルだそうです。

明日はここから再スタート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋鉄道 猿投駅

碧南駅の散策もそこそこに済ませた後、再び名鉄に乗り込み、今度は三河線のもう半分の猿投駅へ向かいます。

名鉄 車内
碧南駅から知立行きの列車に乗り込むと車内はガラガラ。

普通 猿投行き
知立駅に到着後、待機していた猿投行きの普通列車に乗り込みます。

猿投駅
その後、何事もなく愛知県豊田市にある猿投駅に到着。

車庫
駅のすぐそばには車庫があるぐらいで、あとは住宅街ばかりのごく普通の駅です。

猿投駅 廃線跡
この猿投駅から先、西中金駅までの路線も2004年に廃線なってしまいました。
この先の廃線跡も行ってみたかったのですが・・・断念。

猿投駅 構内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋鉄道 碧南駅

竹島を一回りした後、再び名鉄蒲郡駅に戻り、次に目指すは名鉄三河線。

名鉄 碧南行き
まず、碧南駅に向かおうと三河線と名古屋本線が通っている知立駅に向かい、そこから今度は碧南行きの列車に乗り換え。

しかし、このタイプの列車を見るといつも思うんですが・・・

舌を出しているひょうきんな列車の顔に見えてしょうがない。

碧南駅
そんな列車に揺られながら知立駅から約35分、愛知県碧南市にある碧南駅に無事に到着。

折角だから少し駅周辺を散策してみた。


駅から出たすぐそばには商店街があるが、殆どがシャッターで閉まっていて

すこし寂しい感が窺える商店街。



碧南市は昔から港町として栄えていたそうで、
町並みはその当時からであろうか、木造の古い建物が多く残っていています。


思わず通って見たくなるような小径。なんとなく、歴史を感じさせられます。

旧大浜警察署
旧大浜警察署。
大正時代に建てられた警察署で、今はその役目を終え市民の場となっている。


2004年に廃線となった三河線、碧南駅~吉良吉田間の廃線跡。

廃線となって4年ですが、
雑草と錆びれた線路の跡がそれよりもずっと以前の遺跡のような気もしてくる。

山奥だともっと顕著にそれが感じられそう・・・



次は三河線の猿投へ向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋鉄道 西尾線~蒲郡線へ・・・

GWの祝日と有給を使い、名古屋鉄道乗り回しのプチ旅行へ出かけてみた。

名鉄 2DAYフリーきっぷ
で、名鉄を乗り回すにあたり
役に立つものと言えば、"名鉄全線2DAYフリーきっぷ”(3800円)であります。

このきっぷは民間鉄道第3位の路線網を敷く名古屋鉄道全線が2日に渡り乗り放題になり、しかも通年で発売されている小旅行には便利なきっぷです。


名鉄 豊橋駅  
と言う事で、今回も懲りずにやって参りました豊橋駅。

そして今回の旅のプランはと言うと、やはり名古屋鉄道全線制覇・・・・

と、言いたいところですが、私の旅のペースではおそらく無理っぽいので、出来るだけ多くの路線を回る事を念頭に置きながら、観光地を少し訪れていきたいと考えてます。

新安城駅 ホーム
早速、豊橋駅を出発し、
まず、最初の目的地に定めたのは名鉄西尾線。
そこから蒲郡線へと向かって行くため、新安城駅で乗り換え。

西尾駅
新安城駅から西尾行きの普通列車で約25分、西尾駅に到着。

駅の外に出て、とりあえず駅を撮影する。
しかし、この西尾線は一時間に2本程度しか普通列車が走っていないから、駅の外へ出てしまうと結構なロスになってしまう。

蒲郡行き 普通
駅を撮影した後、何をするわけでもなく、
再び西尾駅ホームに戻り、今度は蒲郡線で終点蒲郡駅まで・・・


この蒲郡線は海と山に挟まれて走っている麗らかとした路線で、駅も自然とそれに見合うような駅舎が見られる。

画像は東幡豆駅。

こどもの駅
そして、蒲郡線でひと際目を引く駅名、こどもの国駅。
降りてみようかなと思ったんですが・・・・やめた。

ちなみにこの駅、メルヘンチックな駅名のわりには、
蒲郡線で一番利用客が少ない寂しい駅だそうです。

無くなる日も近いかも・・・・

名鉄 蒲郡駅  ホーム
そんなこんなで西尾駅から約45分、終点蒲郡駅に到着。
ホームの向こう側にはJR線の蒲郡駅が見える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岡崎公園前駅

桜も開花しだした春本番の4月の初め、桜でも見に行こうと思い、そこで岡崎公園にでもいってみようと・・・・
そのついでに、愛知環状鉄道とリニモの完乗を予定に入れて出発。

豊橋駅
というわけで、JR線と名鉄線が共用している豊橋駅前。
ここは週末の夜ともなると、とても運転マナーの悪い、おまけに絶滅種とも言えるヤンキーみたいなのが、未だにおかしな車で駅前を珍走していたりする、愛知県内で2番目に人口の多い、素敵な街豊橋市。

東岡崎駅
そんな豊橋から電車で岡崎公園へ行くにはJR線よりも名鉄線のほうが便利。
なので、名鉄線に乗りこみ、快速特急で東岡崎駅へ向かい、そこから普通列車に乗り換え、隣の岡崎公園前駅で下車。

東岡崎駅に停車中の普通列車。
街でこの赤い列車が走っているところを見ると結構目立つ。

岡崎公園前駅
岡崎公園前駅。 公園前と書かれているがここから岡崎公園まで行くには、10分足らず歩かないといけない。

中岡崎駅
岡崎公園駅の改札を出てすぐ左側には、愛知環状鉄道線の中岡崎駅がある。
名鉄のように公園って文字を強引にでも入れたほうが観光客にはわかりやすいのではないかと考えさせる駅名だ。

岡崎公園
春の岡崎公園。 
やはり、お城と桜の組み合わせはとても美麗に感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)