【東海】愛知環状鉄道&リニモ

愛知環状鉄道 八草駅~高蔵寺駅

リニモの完乗を果たしたあと、今度は愛知環状鉄道線の残り、八草~高蔵寺間を乗車するために、再び八草駅から愛知環状鉄道に乗り込む。

愛知環状鉄道 車内
緑をあしらったシートが目に付く愛知環状鉄道の車内。車内は空いていたため、快適で穏やかだった。


高蔵寺駅前
で、とりわけ何事もなく高蔵寺駅に到着。この駅もJRと愛知環状線が乗り合わせている。

降りた時、辺りはすでに暗くなっていた。もう少し明るかったら、この辺りの散策もしたかったが、とりあえず駅前の写真を1枚撮り、コンビニでオニギリとお菓子を購入後、そのままホームへ撤収。

高蔵寺駅 ホーム
高蔵寺駅ホーム。JR線の列車は結構行き交っていた。
で、どっちの会社を使って帰ろうかと少し考えた末、愛知環状鉄道に再び乗って帰ることにした。
そして、そのまま岡崎へ向かい、豊橋駅へ・・・・


青く、幻想的に輝く、夜の豊橋駅。こうしてみると駅は綺麗なのだが・・・・

治安の方はと言うと・・・・あまり、いいとは言えない。

新豊橋駅
ついでに、渥美線の新豊橋駅を撮って、帰宅の徒へついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東部丘陵線 リニモ(LINIMO)

愛知環状鉄道八草駅からリニモに乗り換えてこの路線を完乗する。
まあ、ただ乗って終わりではなんか面白みにかけるので、途中の愛知記念公園と小牧長久手の古戦場に立ち寄る。

リニモ 八草駅
愛知環状鉄道線とリニモ線は連絡路でつながっていてそのまま乗り換える事が出来ます。
陶磁資料館南駅
陶磁資料館南駅。 基本的にリニモの途中の駅はこんな形の高架駅だと思う。すべての駅を乗り降りしたわけではないので定かではない。

陶磁資料館南駅 構内
中はこんな感じでこの時は無人駅でした。

長久手古戦場駅

長久手古戦場駅。 ここも基本的な作りは中も外も、陶磁資料館南駅と同じ。
ホームは地下鉄の駅のように駅のホーム扉と電車の扉の2重構造。

リニモ
これが愛・地球博記念公園駅にやってきたリニモ。
巨大工場施設かなんかで、施設の移動にこれが採用されていたら、
ちょっと、かっこいいかも。
ちなみに、写真の順序はバラバラ。当てにしないでやってください。
リニモ 車内
リニモ内。
やはり、運転手はいなかった。こうなると、駅が階数で進む方向が横になっただけのエレベーターとあまり変わらないような気もしてくる。

列車の乗り心地はと言うと静かで、振動もほとんど無く快適である。
藤が丘駅
そして、リニモの終着駅藤が丘駅。この駅だけ地下にある。

この駅からリニモが出発する直前になると、前方の線路が発光しだして、カタパルトデッキからモビルスーツが発進するみたいな感じで、ちょっとかっこいい車窓が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知環状鉄道 岡崎駅~八草駅

岡崎公園を後にし、今度は愛知環状鉄道でリニモとの乗り換え駅になる、八草駅を目指します。この二つの鉄道は、まだ一度も乗った事がないので楽しみでもあったりします。

普通なら、このまま中岡崎駅から乗ってもよかったのですが、どうしても岡崎駅から乗ってみたいという気持ちが強かったりして、春の陽気の中、二駅先の岡崎駅まで歩いて向かうことにした。

その途中の駅、六名駅。この駅は岡崎駅の隣の駅でこの駅名の看板がなければ見落としそうなぐらい、高架と同化して目立たない駅。ホームもとても狭い。

岡崎駅
六名駅を過ぎた辺りから、
やはり、電車で行けばよかったと感じながらも、
なんとか、JR線と愛知環状鉄道線のターミナル駅、岡崎駅に到着。


ここから、とりあえず八草駅まで行き、そこからリニモに乗り換える予定。愛知環状鉄道線は岡崎駅の0番線。0番線を見聞きしたりすると、なんか特別な列車のホームのような、勝手なイメージが湧いてくる。

しかし、0番線のホームって京都駅や他にもいろんな駅で存在するらしい。

愛知環状鉄道
これが、愛知環状鉄道の2000系という車両。
この鉄道に乗車すること自体初めてなので、車両も当然、はじめて見た。見た感じ、中も外装もとても艶やかで、新しく新造されたような感じがした。(こまめに、洗車しているのだろうか・・・)
そして、乗車してみると窓が大きいと若干感じたのだが、後で調べたらやはり大きいそうだ。車窓が大きく見えると、風景もよりいっそう楽しめるのではないかと思うが・・・・

車窓から見えるものは工場、住宅、田園とあまり見栄えのするようなものは無かった・・・・と思う。

愛知環状鉄道 八草駅
で、何事も無く八草駅に到着。
周りは国道以外何も無い。だだっ広い場所に駅がある感じ。

近くに大学があるそうだが、そんなものを見に行ってもしょうがないので、高架下からリニモの走る姿を暫く眺めていた。

リニモ 2号機
八草駅を出発したリニモ。
モノレールって周りに何も無い辺境の地、少し言葉を選べば、ニュータウンを黙々と走っているイメージが自分の中で強く根付いてる。
ここも、それに似た場所を黙々と走っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)