JR東海

JR線 東田子の浦駅~三島駅

この辺りも散策をしてみたかった事もあり、東田子の浦駅までまた歩きます・・・

愛鷹山方面
画像は海側ではなく、岳南江尾駅がある山沿いの愛鷹山方面。

雲がなければ富士山も見渡せる、いい景色が期待出来そうなのですが・・・・

山岳方面は雲がいっぱいで、見る事はかなわなかった。

シロツメグサ
とは言え、道路のすぐ脇の畦には、レンゲの花やシロツメクサなどが多く咲き乱れていて、麗らかな感じが伝わってくる。 

画像はレンゲの花。ゲンゲが標準和名ですが、やっぱり私はレンゲの方がしっくりくる。

シロツメクサ
シロツメクサ。またの名をクローバー。

この花が咲いたら、ラスカルと一緒にロックリバーへ遠乗りしましょう。

アカバナユウゲショウ
アカバナユウゲショウ。
可憐な花を咲かすためか、雑草と一緒に咲いていても刈られずにすむ花らしい。


東田子の浦駅
そんな畦道などに目をやりながら、JRの東田子の浦駅へ到着。

この駅名の下の絵は富士山の絵らしい。

最初、壁の染みかと思った。


時刻表を見ると、
ちょうど列車が出てしまった後のようなので、次の列車が来るまで、
ホームでボケーっとしていた。

そんな中、下り方面には身延行きの列車が・・・

身延線、一応完乗済みの路線なんですが、ここではだれも乗り込む人はいなかった。


JR 三島駅
十数分後、上り方面に列車が到着・・・

そして、東田子の浦駅から4つ先の駅、

立ち木の新緑と駅舎がとてもよく合っている、JR三島駅に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR吉原駅

GWとあって、自由な時間も増えている今日この頃、
その間ずっと部屋でゴロゴロして過ごすのももったいないので、また"休日乗り放題きっぷ”を使って静岡へと赴いてきた。

豊橋駅 ホーム
と言うわけで、またまたやってきました豊橋駅。

今回の目的は、静岡県にある岳南鉄道の完乗と、三島市にある100名城の一つ、山中城を目指すことにしました・・・・

吉原駅
豊橋駅から電車に揺られること2時間40分、吉原駅に到着。

で、このまま岳南鉄道に乗ってもよかったのですが、折角なので少しこの辺りを散策してみようと歩いてみることに・・・・


とは言っても、駅周辺にはこれと言って何もなく、目に付くものと言えば、工場の煙突と鉄道関連の物ぐらいである。
ちなみに、この吉原駅は貨物駅も併設されているようです。
 
この貨物列車、赤色は何度か見たり印象にも残っているのですが、青色もあるなんて・・・初めて見た気がする。

転轍機
転轍機(てんてつき)。
まあ、線路のポイントを切り替えるテコですね。結構近くで見られます。


作業車。
こういった作業車が今まで一ミリでも動いているところをみた事がない。
何時も放置プレイを食らっている車両って感じがしてしょうがない。

でも、夜中にこっそりと動いているんだろうな・・・

地下道
そして、作業車が停車している下にはこんな地下道が・・・
さらに、夜間の婦女子の一人歩きは危険という表示が・・・

気になる・・・なかでヤマタノオロチでも待ち構えているのか。

今は昼だし、通ってみることに・・・

吉原駅 地下道
なかに入ると、壁がスラム街などで見られる落書きで覆い尽くされているのかと、一瞬引いてしまいましたが・・・・

よく見るとそんな事はなく、可愛らしいポップな絵が怖さを和らげているように描かれているだけでした。

とは言え、ここは立派な工業地帯。
周りは大きな工場施設が立ち並び、夜になるとひとけもなく、その巨大な施設が不気味さを増長させる雰囲気のある場所だと言うことは感じます。

でもね、一番怖いのは看板である。

こんな警告されていたら、昼間でも怖く感じるっての!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海道新幹線 名古屋駅~新大阪駅

世間ではGWが始まり、かくゆう私もそんな中の一人であったりします。

そんなGWに入る少し前に私、急な私用で地元の方へ帰っていまして、
何かと落ち着きのない生活を強いられていたりしていました。

名古屋駅
と言うわけで、
急ぎ地元に帰るために新幹線を使いました。

本当は写真を撮っている暇もないぐらい、急いで帰らなければならなかったんですが・・・名古屋駅できしめんを食べたりして、完全に開き直っています。

N700系 のぞみ
N700系

これってもう列車と言うより、巨大な恐竜か、深海魚みたいな感じがしてしまいます。
とりあえず、頭長すぎ。

のぞみ
300系。
今のスタンダードな新幹線。やはり新幹線は他のどの列車よりも走る姿に迫力が感じられます。

新大阪駅
そして名古屋から約一時間、新大阪駅に到着。

いや~なつかしい・・・・・・・わけない。

2ヶ月ぶりに帰ってきただけ。

レールスター
新大阪のホームに降りると西日本限定のレールスターが停車していた。

個人的に、この車両が何故か一番気に入っていたりします。

そして、地元でわずかなひと時を過ごした後、また愛知県へと帰るのでした。

帰りは、やはり乗ってしまった・・・

近鉄特急アーバンライナー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水、そして熱海へ・・・

日本平は次の機会へとあきらめ、
神奈川県の国府津駅を目指す、路線の乗り潰しへと変更。
これがどうなる事やら・・・

清水駅
静岡鉄道の新清水駅からJR清水駅までは歩いて10分足らず。
気のせいだろうか・・・
これと似たような作りの駅を何度となく、JRの駅で見かけたような気がする。

清水駅 構内
清水駅構内から撮影。 画面右側の白い輪っかのモニュメントが妙に気になる。

普通 熱海行き
なぞのモニュメントに後ろ髪を引かれながらも、
国府津を目指すため、上りの熱海行きの列車に乗り込む。
この車両の名前は何だろう・・・・
車両の違いがまだ色でしかわからない山科。
RX-78じゃない事は確かだろう・・・・
後日、ネットの車両図鑑なるもので調べたら211系っぽい感じがした。
(色だけで判断)
間違えていたらごめんなさい。

熱海駅  ホーム
清水駅から約一時間後、熱海駅に到着。

・・・・・・・
ん?おかしいぞ
「なんで、熱海なんだ?沼津から御殿場線で国府津駅じゃないのか?」

理由は簡単。
車内でこのまま東海道を使って国府津駅を目指そうと変更していたからだ。
なんかもう、グダグダになりつつある状況。

ちなみに、この"休日乗り放題きっぷ”では沼津から御殿場線での国府津駅までなら
大丈夫なのですが、東海道線、熱海~国府津間はこのきっぷの適用外ですので
東海道線で国府津駅へ向かう場合、この区間は普通に料金を払わないといけませんので、あしからず。


熱海駅
折角なので、熱海駅の外へ出て見た。
熱海へ来たのはこれで二度目。
相変わらず駅前は、大きなカバンを持って
来る人、帰る人で賑わっている。

熱海駅 7号機関車
熱海駅前にある7号機関車。 かわいらしい機関車だ。
これでも昔は熱海~小田原間を走っていたらしい。

この後、ホームで月見そばをすすった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日乗り放題きっぷで・・・

フリーきっぷ
先週の休日を使って、計画通り静岡の大井川鉄道に乗ってきた。
ついでに、快晴ならば日本平へ行き、富士山を眺望しようという今回の算段。

計画では始発で行こうと息巻いていたものの、朝の7時代の列車に急遽変更。
休日の朝は眠い・・・・
それ以上に自分への甘さを露呈・・・

いきなり軽い?計画のずれが生じたものの、
7時前に豊橋で"休日乗り放題きっぷ”(2600円)を購入。
最初に目指すは静岡駅。

しかし、流石に静岡は大きい。豊橋からだと、なかなか着かない。
しかも、乗り込んだ列車が横座りのロングシート・・・
この手の列車に2時間も乗っていると流石に苦痛で顔がゆがむ。 
事前にマンガなり文庫本でも買って置くべきだったと激しく後悔。
本当は携帯ゲームがいいんだけど、まだ、列車内でやる勇気がわかない。

JR静岡駅

9時過ぎ、無事に静岡駅に到着。こ、腰が痛い・・・・
何度、途中下車しようかと考えたことか
長時間のロングシートは嫌いだ。

さて、ここから静岡鉄道に乗り、静岡鉄道の駅から数ヵ所、
ハイキングコースが設けられているようなので、
それのどれか一つを使って日本平へ向かおうと考えてる。

しかしその前に、駿府公園に寄ることに・・・・
とある、もう一つの目的のために・・・・

そう言えば、静岡駅構内でトイカのセレモニーをやっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)