鉄道

大阪環状線 今宮駅

Rimg4383
大阪環状線今宮駅にやってまいりました。
この駅は大阪環状線のなかで一番乗車客の少ない駅であります。

Rimg4384_2
ホームは大阪環状線と関西本線のホームが上下別々に備わっております。

こちらは大阪環状線のホーム。
幅の狭さが乗客数を表しているように感じられます。

ここから階段を下りると関西本線のホームがあります。

Rimg4385
そしてこちらが関西本線の今宮駅のホーム。

Rimg4388
関西本線側の駅名表。

環状線とは違い緑のラインカラーで表示されてます。

Rimg4391
今宮駅。
駅前もホームセンターがあるぐらいで、あとはマンションや小さな問屋のようなものが立ち並んでいるぐらい。

Rimg4393
で、そんな今宮駅周辺を適当に彷徨い歩いてみます。

Rimg4394
近くには資源回収の業者も多く存在することもあるのか、歩いているとよく見かけるのがこのようなリヤカー。

「いったい値段はいくらなんだろう」という素朴な疑問が湧き、調べてみると7,8万結構
高い。

Rimg4400
更に歩くとこのような看板を発見。

今現在もこの看板があるのかは知りませんが過激です。

Rimg6916
こちらの写真は別の日ですが、今宮駅近くの建物。

1階と2階の各部屋へ続く扉なんだろうけど・・・・扉多すぎ。

Rimg4396
こちらは閉鎖された公園。
憩いの場である公園が閉鎖中。

Rimg4397
理由はあえて触れませんが、厳重にフェンスで囲まれて入れないようにしてます。

というわけで今宮駅でした。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

南海電気鉄道 萩ノ茶屋駅

どうも、2ヶ月ぶりの更新であります。
このブログを更新する時間がなかなか取れずに気がつけばお盆になっていました。
また適当に(頻度は遅くなるでしょうが)ぽつぽつ更新していきますのでよろしくです。

Rimg7415

というわけで
前回乗り込んだ大阪の下町を走る南海汐見橋線乗車の続きですが、この汐見橋線では途中下車せずに南海電車の萩ノ茶屋駅へ向かいました。

画像は汐見橋線の西天下茶屋駅。
いい具合に塗装が剥げていました。

Rimg7423

汐見橋駅から岸里玉出駅で降り、そこからなんば方面へ2駅、萩ノ茶屋駅で下車です。

Rimg7422

萩ノ茶屋駅ホーム。

駅は高架になっておりそれほど乗客の乗り降りもありませんでした。
この駅は南海本線は通過だけで、南海高野線のみの駅となっております。

Rimg7428

萩ノ茶屋駅。

高架の真下が丁度出入り口となっており、
どことなく戦後間もない雰囲気のする高架下です。

で、駅の周辺は日本一の労働者の町(ドヤ街)の中にあり、独特の雰囲気が漂ってます。

Rimg7427

そんな萩ノ茶屋駅から出るといきなり立ち飲み屋が店を構えてました。

Rimg7430

更に駅周辺は露天の店が多く構えていたりもしてます。
中には「こんなもの誰が買うんだ」と言ったようなものが平気で売られていたりします。

ちなみにこの辺りで露骨にカメラを向けていると因縁をつけられたなどを聞いたことがあるので、出来るだけ人が写らないよう、そっと写真を撮ってます。

怖そうなところなんですが、結構このような町を歩くのは好きだったりします。

まあ、これといって大きな被害にあったことがないから言えるのかも知れませんが・・・。
あと、この辺りは「じゃりん子チエ」の舞台になっていたところだそうです。

Rimg7431

そんな萩ノ茶屋駅周辺の高架沿いを何気に歩いていると
このようなものが作られていました。
これね、多分ハトよけのために取り付けられたものだと思うんですが・・・

逆に巣の役割の一部になっておりました。
なんともまあ、皮肉な結果に・・・。

Rimg7443

こちらは呑み屋の屋台。

路上に店を構えてあるところがすごい。
いっぱい並でます。

Rimg7429

こちらは駅前の萩ノ茶屋商店街。

Rimg7441

中は食料品店などよりも飲食店が多かったです。

Rimg7425

とまあ、こんな感じで下町情緒溢れる雰囲気の萩ノ茶屋周辺を歩いてまいりました。

| | コメント (63) | トラックバック (2)

南海電気鉄道 汐見橋駅

都会のローカル線、南海汐見橋線へ乗り込んでまいりました。


大阪市浪速区にある南海汐見橋駅。

この駅は難波からも割と近い位置にあるにもかかわらず、どこか時代に取り残されてしまった、寂しい感じのする駅舎です。


そんな改札口もご覧の通り。

もうこの中だけは完全な昭和中期。


改札の上に掲げられている南海沿線の観光案内図。
そんな案内図はぼろぼろ。中央辺りは破けちゃってます。

ちなみにこの案内図は昭和30年頃のものがそのまま残っています。


ホーム。

列車は30分に1本の割合です。


駅名標。

いやぁ、すごいわこの駅は・・・
「昭和の高度成長期の頃の雰囲気がリアルに残ってる」と言う感が、つたわってきます。


更にそんな汐見橋駅のすぐ隣にはとても新しい阪神なんば線の桜川駅が出来ています。

なんかこのギャップが異様な雰囲気をかもし出しています。


ちなみにこのような路線がいまだに無くならずに残っているのかといいますと、この駅と新大阪までを結ぶなにわ筋線の開業を見込んで赤字覚悟で存続させているそうです。


そんな汐見橋駅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

近畿日本鉄道 大阪難波駅

阪神なんば線を使って大阪難波駅へやって参りました。


大阪難波駅の駅名標。

以前は近鉄難波駅の名だったんですが、阪神なんば線の開通に伴って駅名を大阪難波駅と改名してます。




駅の出入り口にある案内も以前とは当然変わっていました。

阪神方面の行き先表示が増えてます。


ちなみになんば線開通前の表示はこんな感じで、近鉄難波駅となっていました。


一応近鉄・地下鉄・JR・南海とは距離はちょっとありますがすべて地下でつながっています。


大阪難波駅ホーム。
この日は開通してそれほど月日が立っていなかったこともあって結構な人が列車にが乗り込んでいました。



こちらはちょくちょく乗っている近鉄特急アーバンライナー。

折角だから阪神電車も撮りたかったんですがピンボケが酷くてボツにしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

舞鶴線 西舞鶴駅

KTR(北近畿タンゴ鉄道)を完乗したあとは、JR線に乗り換え、福知山駅へと向かい家路へ着きます。


という訳で、とても明るく立派な駅舎の西舞鶴駅。

この駅のある舞鶴線はこの駅の隣、東舞鶴駅から綾部駅を結んでいるローカル線であり、完乗も視野に入れて東舞鶴へ向かおうかと思ったのですが・・・

寒いし、電車は遅れて全然こないしのであきらめました。

結局、この日の舞鶴線は一時間ぐらい列車が遅れてました。


改札口。

駅舎に反して改札口は広くない。


駅の一階には山車が飾られていました。

この地域のものだろうか・・・。


で、ホームはこんな感じ。

すっかり陽も落ちてめちゃくちゃ寒い。


駅名標。

ここから福知山行きを待ちます。


屋根のないところは雪がぎっしり積もってます。



最後は車窓からの舞鶴線、真倉駅。

うーん、こうしてみると雪が積もる夜の駅はめちゃくちゃ寂しそう。

ちなみにこの駅、利用客が少ない舞鶴線の中でもワースト1だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陰本線 豊岡駅

北近畿タンゴ鉄道の次はJRをメインにした豊岡駅。


前回と同じ雪の豊岡駅。

駅前は車と人と雪でなんだか混沌としてます。


改札口。
こちらも福知山駅と同じく自動改札ではなく駅員がたっている改札口。



駅名標。

私はそこまで行ってませんが、ホームの北側には国鉄時代の駅名標もあるそうです。



豊岡駅ホーム。

ホームは1番線~3番線までと北近畿タンゴ鉄道のホーム、あと車両基地があり結構広い構内となってました。


こちらはエアースプレーで白く吹きつけようなキハ47かな。

この赤い色のキハが雪と感じよく調和している。


雪で覆われた車止め。


こちらは北近畿タンゴ鉄道の乗り換え案内。
一応構内で乗り換えられます。


海と空をイメージしたタンゴブルーの北近畿タンゴ鉄道の車両。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福知山線 山陰本線 福知山駅

1月のとても寒い日に尼崎駅から福知山線を北上し、福知山駅へやって参りました。


京都府福知山市にある福知山駅。

壁には面白い模様がなされていて、これは福知山城を連想させているそうです。




駅は高架駅になっており、JRは福知山線、山陰本線、あと第三セクターの北近畿タンゴ鉄道が乗り入れております。



そして、この日は日本海側の北部で大雪警報なるものも発せられており、篠山口駅を越えた辺りからは町の景色も白く覆われていました。

車窓から見てる分には「ウホー、雪だぁ、ヒャッハー早く降りてぇ」なんて、普段雪などあまり見慣れないところに住んでいるせいもあり、ちょっとテンションも上昇しながら眺め感じていたのですが・・・

暖房の効いた暖かい列車から降りるとそこは強烈な寒さ。
車窓の中での戯言なんて一気に吹き飛ばしてくれました。
もうブルブル震えるばかり。

しかしこの後まだまだ北上する予定を組み込んでいたので
この程度は単なる序章。


で、列車を降りてまずは駅名標。


ホーム。

夜の撮影ですが列車も雪をかぶってます。
なんか冷凍庫から飛び出してきたかのような姿になってます。
まあ、実際冷凍庫とさほど変わらない気温なんですけどね。


特急たんばもご覧の通り。

ほんとにこの日は列車のダイヤは乱れまくるわ、寒いわで大変な一日を強いられることに・・・。


改札口。

この駅では自動改札ではなく駅員が立ってました。


福知山駅の南口にある福知山南口公園にはSLが静止保存されてます。


こちらは晴れた日の福知山駅前にある同じSL。

一応、晴れた日にも訪れてたりします。


これは福知山線の前身、阪鶴鉄道で使われていた米国製のレールを使用して建築されたあずまや。

ちなみに「あずまや」とは休息所。


最後は晴れた福知山駅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海道線 福知山線 東西線 尼崎駅

年末に青春18きっぷを使って四国へ行ったのですが、そのきっぷの残りを使って、今度は激寒の丹波方面へ向かいました。



JR尼崎駅。
この駅は個人的に東西線や福知山線などを使う時に乗り降りする機会も多く、とてもお世話になっている駅の一つです。

今回の尼崎駅の画像は撮影日がバラバラなのであまり当てにしないでやってください。

とりあえず言えることは
出発当日、ここから福知山駅へ向かったということです。


きっぷ売り場。

駅は橋上駅で出入り口は南北の2箇所。
その南北にある出入り口の丁度真ん中辺りが改札口。


北側にある近松門左衛門作のヒロイン梅川の像。


ホームは東海道線、東西線、福知山線とあり、結構人の乗り降りが多い駅で構内も広いです。

東海道線は新快速が停車、少ないですが福知山線には特急も停車してます。


駅名標は3種類あって、画像は東西線の桃色のラインカラー。

あと福知山線の黄色と東海道線の青があります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道づくし交通科学博物館 ②

弁天町駅訪問の際に訪れた交通科学博物館の続き。


これはサンフランシスコのケーブルカー。

なんか英語の教科書に出ていそうなアメリカンな車両です。



で、今度は表に展示してある車両へ向かってみることに・・・・。

これは7100系蒸気機関車で北海道で最初に走った蒸気機関車との事。
ガラス張りでなんだか大事に保存されておりました。

ちなみにこの機関車の愛称は「義経号」


二台並んだ蒸気機関車。

手前がD51で奥がC62と言われている機関車。


こうしてみると重量感たっぷりな車両に感じます。


暑さが伝わってきそうな運転席。

私にはここでの就業は多分無理だ。
暑さで半べそをかいてしまうこと間違いない。


230系蒸気機関車。

なんか愛らしいデザインの機関車で、個人的に一番気に入りました。


後ろもなんか可愛らしい。


これは80系電車。

いわゆる湘南色の最初の車両。
ほんとカボチャがぴったりとはまる色合い。


車内。

なんだか木のぬくもりがあって、今見るととてもしゃれた車内でした。

でも、リクライニングがなく、完全垂直な椅子だから
きっと長時間はつらそう。


で、こちらはD54ディーゼル機関車。


一応運転席にも入れたりします。

目の前は道路で、
外にある分、そこそこ臨場感ある運転席からの眺めではないかと思います。


とまあ、そんな感じで久方ぶりの交通科学博物館を後にしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道づくしの交通科学博物館 ①

弁天町訪問のついでに駅の高架下にある交通科学博物館へ寄ってみました。


ここへ訪れたのは私が小学生の時以来・・・いやーなつかしい。

小さいときは親や園児の行事などでよく来たものです。


で、入り口でチケット(400円)を購入して入場するとまず目に付いたのは、
このリニアモーターカーマグレブ。

これまだここにあったんだ。

小学生の時にもこれを見たのをはっきりと覚えていたりします。


大阪環状線を走る103系もこのようにスケルトンボディーになって展示。


で、こちらは2008年に引退した0系新幹線。

結局、走っているところを見に行ったり乗ったりは出来なかったですが。


運転席。 あまり運転士にとっては快適そうには見えなかった。

工場の機械オペレーターのような印象。


昔の新幹線改札口。

今見ると古く感じますが当時としては最新だったことに
時代の移り変わりを感じさせられます。

あ、でもこれと同じような改札口、
南海電車辺りでは今でもありそうな気がするんですが・・・。


こちらは0系以前に走られていたビジネス特急こだま。

昔はこれが東京~大阪を6時間30分かけて運転されていたそうです。



実物大の列車が多く展示されてある中、
こういった模型も展示されていたりします。

この模型1/20で少し大きいのですがよく出来てる。

昔は地下鉄もこんな車両が走っていたんですね。
今は無機質なステンレス製ばかりですが・・・。


昔に売られていた商品も展示されてました。

アイス50円が安い。

しかもこの控えめすぎる50円の文字。
ドラックストアーなどだとこれの10倍は派手で大きな文字になるだろう。


ここは昔の駅を模してました。

ポストや時計がとてもいい感じに駅を演出してます。


鉄道以外にもこういった車の紹介もありました。

とりあえずミゼットは知ってるけどパプリカって何だよ。全く知らないや。

あと、スズライトって・・・そのまんまだ。


東名バス。

色がなんとなくいい。

                             続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)