【東海】大井川鐵道

井川駅

終点、井川駅に到着。
ここで降りたのは私一人。列車から降りると駅員の人に「なにもないところですよ」と軽い歓迎の挨拶をうける。

井川駅

とりあえず列車の発車まで40分ほど時間があったので、改札を出て駅周辺を散策してみた。南アルプスの山々に包まれたような場所にある井川駅。見た感じ、何もなさそうだ。

井川駅 高架 
駅前に出てみると、ミニ列車井川駅と書かれた高架がある。しかも、まだ先に線路が続いている。一応、この駅が井川線の終着駅なのだが、以前あった堂平駅という貨物駅に続く線路がまだ残っているそうだ。

かき分けられた雪

ここへ訪れたのは3月の初めだったが、この辺りはまだ雪が残っていた。
どうりで寒いわけだ。 この先に井川大仏という大きな大仏があるそうだが、ちょっと距離がありそうだったので断念。なので、この辺りで引き返し、今度はダムがある反対方向へと足を向ける。

井川ダム

井川ダムである。
きっと真ん中の筒のようなところから水が大量に放流されるのだろうと、容易に想像が出来るのだが、それ以外の構造の役割などはさっぱりわからん。
ただ、純粋な気持ちで感じた事は・・・・近くで見るとでかい。


それに高い。それで十分だと思う。井川ダム、バンザーイ。

井川ダム展示館

ダムの前には井川ダム展示館なるものがあったので一応入ってみた。(無料)
中はダムの事や歴史などをわかりやすく模型や写真などを使って説明していたと思う。
あまり、長居もできないので見学もそこそこに終わらせて井川駅に向かう。
そして駅へ向かう途中、
ふと、壁に目を向けるとこんな広告を見かけた。

右は、少々くすんでいるが井川線の列車。左は、とりあえず見てみたかった井川大仏。

そして・・・・

草原の里

薬草の里に・・・・・・思わずにんまり。
・・・・・何処にあるのかすご~く気になる。・・・・・・今度来る時は地図も表示しといてほしい。・・・・い、行くから・・・心においしいってなんだ!?怪しすぎる。


続いて井川大橋。 わかりづらいですが井川朝市。

そして・・・・

赤石温泉

  えろ石・・・赤石温泉。
・・・・うひょー、これは大変便利な言葉、アートとして片付けて置く。
これを見た瞬間、このようなピンポイントで〇〇できるスポットがあるのかと思った自分に情けなさを感じた。

と、同時に、このようなひっそりとした閑散な町並みに、このような絵が妙にマッチしているように感じてしまう事には、すんなり納得していたりする。なので、やはりアートだと思う。

願わくば、ずっとこのままこの広告で案内していてほしいものだ。


井川駅 ホーム

そんな高揚とした気持ちのまま、駅へ戻った。

アプト列車 運転席

帰りは一番後ろの車両へ乗り込み、運転席からの車窓を眺めながら奥泉駅へと向かって行った。 運転席は何やら複雑そうで、それでいてクラシカルな計器類がたくさん並んでいる。

来る時には気づかなかったのだが、帰りの奥泉バス停にはこの辺りでとれた出土品などが展示されていたのに気がつかされた。 これは石冠(せっかん)といって祭りの時に使用したものらしい。

そしてこれ。その名も石棒 男性器を表現したものらしい。 
・・・・石棒って・・・・ もう少し、気の利いた名前にしてほしいものだ。考古学の先生方。

これを見た時、信仰の道具として扱っている縄文時代の人々の考えや生活習慣がわからなくなった瞬間でもある。そして、これらをデジカメに収めている私の行動もわからない。わかった事といえば縄文時代の人々は非常に性が乱れていると言うことぐらいだろうか・・・・・。

千頭駅 ホーム

そんなこんなで旅の見納めにパンチの効いた出土品石棒に別れを告げ、千頭駅へと向かった。
そして次に来た時こそはSLにも乗ろうと密やかに誓い、乗り心地の良い元近鉄特急で帰っていった。今回、工事中の為に走れなかった区間、千頭~奥泉間もその時にでもという結論に達して、この旅は終了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井川線 接岨峡温泉駅

いつの間にか時は過ぎ、気がつけば接岨峡で2時間以上も過ごしてしまう、とんだ予定外の行動をとってしまい、時刻はすっかり午後のひととき。そして、その代償として千頭発のSL機関車の乗車をあきらめざる得なくなってしまった。

そんな、毎度、計画通りに進んだ例がない私の"いい加減ぶらり旅”。 
かならず何かを捨てて前へ進んで行くのである。

接岨峡温泉駅 案内標識

県道沿いにある木の道しるべを頼りに、接岨峡温泉駅へ向かう。
奥に見える細い道を上っていけば接岨峡温泉駅。

接岨峡温泉駅 踏み切り

坂を上っていくと遮断機も警報機もない踏み切りがある。慣れてないためか、渡るのに少し躊躇してしまう。 このような踏み切りは第4種踏み切りとして分類されているらしい。
接岨峡温泉駅

接岨峡温泉駅。
町工場に良く見られるような駅看板。それがなければ一目で駅と判別しにくい駅舎。
駅の周りには民宿がある。 しかも、駅から近すぎ。    

接岨峡温泉駅 構内

構内はこんな感じ。
木造作りの駅がローカル色と木の温もりを醸し出している。

接岨峡温泉駅 ホーム
接岨峡温泉駅ホーム。 
ここからアプトラインの奥地、終点井川駅を当然のように目指します。

アプトライン 車内

そして到着した井川行きの列車にさっそうと乗り込んでみると・・・・・・

・・・・誰もいない。

奥大井湖上駅で降りた列車は満席だったのに・・・・

この車両の客数、私を含め2人だけ。
しかも、もう一人の方は次の秘境の駅と呼ばれる尾盛駅で一人、降りていった。・・・・そう言えば、尾盛駅にも駅のシンボル的な形で信楽焼の狸がいた。 信楽焼の狸は、もともと福を招き入れる縁起物の置物のようなので、この尾盛駅も昨今、秘境の駅として取り上げられ、こうしてこの駅へ訪れる人も多少なりともいるとしたら、この狸達のご利益も寡少なれど効果があるのかもしれない。そう考えると、この狸たちもこの大井川線をささえてる立派な奴等なのかもしれない。なかには表情があきらかに???な奴もいますが・・・・ 

とはいえ、中部電力からの赤字補填がなければ存続の危うい路線なのですが・・・・




 


関の沢鉄橋.

そんな尾盛駅を越えると、列車は関の沢鉄橋へと差し掛かる。ここは民間鉄道では日本一高い鉄橋で、川底から鉄橋までの高さが100mもあるキワモノ鉄橋である。

窓越しではあるが本当に高けぇぇ!

列車もこの場所にあわせて徐行運転してくれているのに、とても窓を空けて写真を撮る気が湧かない。 窓を開けると寒い、撮影中にカメラを落っことしたら大変・・・・・・・なので無理はしない。あきらめる。

で、こんな中途半端な写真が一枚。チェッ!

十二単
その後、列車は南アルプスの切り立った険しい山々を時速20㌔程度の遅いスピードで進んでいく。 天候も奥に進むにつれてどんよりとしてきた。
景色は山の十二単だそうです。もう、山が一杯。



井川駅 

そして幾つものトンネルを抜け、列車は終点井川駅に到着。

ここにも信楽焼の狸だ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥大井 接岨峡

山間を通る県道を歩き、接岨峡温泉駅へと目指すyamasina。奥大井湖上駅からこの辺りまで、普通に歩けば30分足らずといったところ。
県道 388号線

重厚長大な南アルプスの大きな山々を見上げながら県道を歩く。
こういった山間の道を歩くのは少々ひとけの無さに不安も付きまとうが、結構好きである。

ここからもう少し歩くと、右手に大井川に掛かる南アルプス接岨大吊橋が見えてくる。

南アルプス接岨大吊橋

あまり吊橋に見えない立派な南アルプス接岨大吊橋。しかも、ほとんど揺れない。

この橋の向こう側は遊歩道になっていて、小さな吊橋が多く掛けられている。
駅まで少し遠回りになるが、この橋を渡って遊歩道から接岨峡温泉駅へ向かうことにした。

栃の木橋

南アルプス接岨大吊橋を渡ると、このような橋がいくつも掛かっている。
天然の地形を使ったアスレチック場みたいな感じで、歩いていてちょっとおもしろい。
とは言っても、ターザンになりきるような遊具やタイヤなどは、当然ここにはない。
あるのは、下に落ちたら怪我どころじゃ済まない吊橋である。

宮沢橋

そんな中、この宮沢橋が一番スリルがある吊橋だった。

関数を思い出させるような弧を描いている吊橋だ。そして、渡ると揺れるおまけ付き。当然こんな橋は、へっぴり腰で渡るのがベターである。勇気と無謀を決して取り違えない大人な自分を褒めてみる。

犬返り橋 

今度は上った形で渡る犬返り橋。 ・・・・犬返りってなんだ?
犬がのた打ち回って渡った事が由来しているのだろうか・・・・・・わからん。

この橋を渡っていると、うまい具合にどこかの飼い犬が遠くで吠えているのが聞こえてきた。山間だからか、ここまでよく響く。

犬返り橋からの眺め

そんな犬返り橋から県道方面を見ると、接岨峡温泉駅が見える。
赤い屋根の建物が接岨峡温泉駅。この先に接岨峡大橋が掛かっているので、戻らずそのまま駅へ向かうことが出来る。

このまま駅へ向かってもいいのだが、私はどうしても川のほとりまで行ってみたいという衝動に駆られ、今度は川のほとりまで足を運んでみた。

大井川

   うひょぉぉぉぉコバルト色だ

これが不純物の少ない、本当の川の水の色であろう。
そして、川の向こう側には先ほど渡ってきた吊橋が見える。

大井川 ほとり

今度は童子のように「コッバルト!コッバルト!」と、連呼しながら川へ近づいてく。見る人によっては不審者に見えたかもしれないが、幸いにも誰もいない。

水辺に近づくとその透明度がはっきりとわかる。水も冷たい。

不審者ではない

そんな雄大な大自然に意味も無く手を掲げてみる。見る人によっては完璧な不審者だろう。
見える橋は接岨峡大橋。

そしてこんな事をしていたら、一時間に一本程度しかない列車を2本も乗り過ごしてしまった。当然の結果だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥大井湖上駅

奥大井湖上駅
長島ダム駅でアプト式機関車を切り離し、列車は出発。
その後、ひらんだ駅を越え、奥大井湖上駅に到着。この駅で下車してみた。

この駅はレインボーブリッジと呼ばれる橋の上に作られたユニークな駅で、中部の駅100選にも選ばれている駅です。

あまり高い所は得意ではないが、とりあえず橋の上からダム湖を覗いてみる。

・・・・結構高い。足元が少し竦む。

奥大井湖上 線路

で、ここから隣の接岨峡温泉駅まで歩くことが出来るようなので歩くことに・・・

やはり、こういった鉄橋の上という不慣れな場所を歩くのは
足元に少し、違和感を感じてしまう。

レインボーブリッジ

そんなちょっとしたスリルを味わいながらもなんとか橋を渡りきり、そこから急な階段を上ると、この駅を縦に見渡すことができる。

ここから駅を見渡してみると本当に変わった場所に駅を作ったものだというのがわかる。さらに県道に向かって足を進め、接岨峡温泉駅へと向かう。

茶畑

歩行中見えるものは、静岡県らしい茶畑。勝手に茶摘なんてしたら
当然、怒られるのでやめましょう。(誰もやらない)

岩瀧不動尊
県道に出ると、岩瀧不動堂なるものが存在する。
その隣には大きなもみの木がある。 そして、そのもみの木が写っていないとっておきの一枚。

不動の滝

さらに、岩瀧不動堂の前には不動の滝なる小さな滝もあったりする。

この滝をみて久しぶりに"鯉の滝登り”ということわざを思い出した。
で、なにか虫でも登っていないかと探して見たが何も登っていなかった。

ただそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥泉駅~ アプト区間

千頭~奥泉間が工事中の為、ちょっとしたカウンターパンチを食らった形になり、これは完乗と言えるのかと、バスの中で考えている最中、バスは奥泉駅前のバス停に停車。

・・・・まあ、完乗かどうかは後で考えよう。

で、そのままバスを降り、そこでいきなり目に飛び込んできたのがこの銅像。(また、銅像だ。この旅は銅像めぐりの旅なのか?)
奥泉駅前

この銅像は、下開土遺跡(したのかいといせき)にちなんだ銅像らしい。

正直、これを見た瞬間、笑ってしまった。
縄文時代の何気ない家族の風景をあらわしているのだが、その何気なさの中に・・・


この親父だ・・・・

な、なんてことをしているんだ、親父!・・う・・・うさぎちゃんが・・・
哀れ、獲物として惨めなかっこで晒されています。うさぎちゃんの表情がなんともまあ、儚げでなりません。

もし、今現在、私が外連味なくこんな姿を晒そうものなら、騒ぎになる事間違いなしだろう。しかし、これが魚だとただの釣り人として扱われるのだから人の感情って不思議なものだ。


ところで、この親父らしき人はいったい誰に向かってこの獲物を誇らしげに掲げているのだろうか? 疑問だ。ひょっとして、ここに訪れた観光客にだろうか?
そのうえ、母親と子供は、こんな持たなくてもいい弓矢を持って、おまけに決めポーズまでかましている親父を前にしても、いたってドライに振舞っているところがまた、おかしな絵図らになっている。

・・・う~ん・・・・見れば見るほど銅像は奥が深い。

奥泉バス停 トイレ
そして、トイレも遺跡にちなんでか、こんな作り。中は至って普通の水洗トイレ。

で、駅はバス停から階段を下りたところにある。
奥泉駅
ここで、ようやく駅員の人以外の人が数名いた。 なんだがちょっと安心。

井川線列車
これが、これから乗る車両で、幅が普段見かける列車より狭いのが特徴。
そんな特徴的な列車がこの先にある日本唯一のアプト区間を走行する事に。


この列車のロゴが示すとおりなんですが、アプト式とは線路の中央にラックレールというものを敷いて、そのラックに歯車を噛み合わせる専用の列車を使って1000/90という勾配、列車では日本一の急勾配を通る路線だそうです。ちなみに1000/90というのは1000メートルの直線距離で90メートルの高さを上り下りする勾配を示しています。簡単に言えば、1㌔進んだら、高さが90メートル上った、下がったと言うことである。

奥泉駅の柱に縛られた犬
みんな、わかったかな。
ちょっとこれ、私に対して縛り方が適当だと思いません。

まあ、そんなこんなで、こんな写真を適当に撮っていたら大変な事が・・・・

なんと、観光客がゾロゾロとこの駅に向かって押し寄せてくるではないか。
どうやら寸又峡温泉からの観光客のようだ。そして、あっという間に車内は一杯になる。なんだか急に駅が活気が満ちてきたような気がする。

そんな満席のなか、列車は奥泉駅を出発。
アプトいちしろ
数分後、アプト区間最初の駅、アプトいちしろ駅に停車。
この駅でしばし、連結作業に入る。

アプト式機関車
これが、アプト式連結機関車。この車両を井川行きでは列車の後方に連結して、客車を後ろから押して坂を上っていく力強い車両である。千頭行きでは列車の前方へ連結して坂を下る事になる。

アプトいちしろ駅ほーム
5分程して、無事に連結作業が終了。それを見学していた観光客の人たちも各々の席へと戻っていき、列車は次の長島ダムまでの急勾配を上っていく。

アプト区間
これが、列車では日本一の急勾配、1000/90の坂。ジェットコースター程ではないにしろ、それでも背中に重力を感じることの出来る坂である。そして、線路の真ん中にラックレールと呼ばれるものが敷かれている。このレールに歯車を噛み合わせて坂を上り下りしている。

この間の時速も10キロ程度の遅いスピードで次の長島ダムへ向かい、アプト区間は終了。今度は、先ほど連結したアプト式機関車を切り離して出発する事になる。

ちなみに、このアプト区間の写真は帰りに撮影したもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川鐵道

掛川駅
3月2日晴れ。時刻は7時過ぎ。 本日の出発点は掛川駅。 
この日は大井川鐵道に乗るため、この掛川駅から金谷駅に向かう。
右に並列して見えるホームは天竜浜名湖鉄道、掛川駅。

JR金谷駅
掛川駅から2駅、JR金谷駅に到着。
ここから大井川鐵道に乗り換えるため、乗り場を探す。

大井川鐵道 金谷駅
あった・・・・・・。

・・・・・・・

なんか、一目で駅とわからない哀愁漂う感じが・・・・
JR金谷駅のおまけのような存在がなんとも悲壮とも言いましょうか・・・
そんな感じの・・・駅です。

そんな気持ちを抱きながらも、
早速、中に入り、大井川・あぷとラインフリーキップ(4200円)を購入。
大井川鐵道のフリーキップは時期によって値段が変わるようで、
寒いこの時期、やはり客足が鈍るのか値段を少し低くめ設定しているようです。

そして、さっそうと金谷駅ホームに降り立った私を出迎えてくれていた列車は

大井川鐵道 金谷駅ホーム

・・・・・旧ザク?・・・・・・

いや、違う・・・・・・南海電車かな。

デザインなのか色あせているからなのか、随分年季を感じる事の出来る列車だ。
まあ、こういった古い電車に乗る事が出来るのも
大井川鐵道の魅力の一つでもあるので、これはこれで全然構わない。

車内
車内はこんな感じ。
融通の利かない座席が車内の古さを醸し出している。

ちなみに、
ここ、金谷駅で乗り込んだ乗客は私を含め2人。
途中で乗り込んだ乗客は1人。終点千頭駅まで行ったのは私一人という、
ひたすらスッカラカンな状態が続きました。 
満員電車は大嫌いだが、こうも人が乗り込んでこない列車内も・・・・

それはそれで、なんか落ち着かない。 
後、列車の揺れでつり革が大げさに揺れる姿がちょっと怖かった。


そんな車内で、来る途中コンビニで購入した朝食をとる。
朝食は朝の基本である。そして、窓が汚れているのはこの列車の愛嬌である。

そして、駆け足で流れ行く車窓を目にしながら、列車は神尾駅に停車。 

そこで突如・・・・・

信楽焼
    ひょぉぉぉぉぉぉ
信楽焼の狸が目の前に現る。

・・・・・・・!?。

何故、大井川に信楽焼なんだ?と、ふと、疑問が湧く。
そして、瞬時に信楽焼のたぬきなんて何処にでも居るとあっさり解決。

そのあと、
間抜け面でパンをほおばっている私を小バカにしているのかと、単純に感じる。
そして、瞬時にそれは被害妄想だと、これまたあっさり解決。

信楽焼 たぬき


しかし、こいつらからは明らかに誰かを嘲笑しているような・・・
(なわけない)

その後列車は私、山科専用列車なる神々しい列車と化し、
一路、終点千頭駅へと向かって行く。

千頭駅
終点、千頭駅。
なかなか趣のある駅である。金谷駅とは大違い。
この駅には、入ってはいないがSL資料館なるものや土産物屋などが備わっている。

しかし、ここで降り立ったのは私一人。ちょっと改札を出るのが気まずかった。

さて、本来ならここから、南アルプスあぷとラインへ乗り換えるのだが、私が行った時は千頭駅~奥泉駅間は工事中の為、列車は運休中だった。
なので、ここから奥泉駅までは代行バスに乗り換える。

代行バス
千頭駅から奥泉駅まではバスで10分程度との事。

・・・・・・

やはり、このバスに乗り込んだのも私一人のようだ。










 

| | コメント (0) | トラックバック (0)