【近畿】三木鉄道&北条鉄道

北条鉄道 北条町駅

北条町駅
北条鉄道線の終着駅北条町駅に到着。
他の北条鉄道の駅と違い、この駅はとても新しい駅舎でした。
そして、手前には北条鉄道の車輪が保管されています。

フラワ1985型
北条町駅に停められていたフラワ1985型。
北条鉄道開業からある車両で、今はたまに運行するのみの車両だそうです。


北条町駅すぐの踏切。
駅の向かいは大型スーパーなどが並んでいます。
駅前から少し外れると田園だけの何もない所になるのですが、駅周辺の道路や歩道などは綺麗に整備されています。


北条町駅の待合室。中には以前の駅舎の一部であろうものが飾られています。



そして、何故かピアノまで・・・

・・・・何故?

列車を待っている間、誰かが弾いてくれるようなサービスがあるのか

それとも暇つぶしにこれでも弾いていて下さいということなのだろうか・・・
少し奏でてみようかなと考えたが・・・・こんなところじゃさすがに無理。

あきらめる。


まあ、そんな変わった待合室で数十分待ち、再び北条鉄道に乗り込み、粟生駅へ引き返します。


北条町駅を出発した帰りの車窓。

だいぶ日も暮れかかっていました。早起きしたから眠い・・・




最後に北条町駅にある腰掛にはこんなことが書かれていた。

「まあ、すわんなはれ」と・・・・

「ええ、座らせていただきます。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北条鉄道

北条鉄道 粟生駅
粟生駅の3番線。このホームが北条鉄道の乗り場となっています。

北条鉄道は営業距離13.6㌔で、この駅から兵庫県加西市にある北条町駅までをつないでいる第3セクターの鉄道です。

北条鉄道
しばらくホームで待っていると、ディーゼル音を響かせながら粟生駅に到着してきたフラワ2000型。ピンク色で結構愛嬌を感じられる車両です。早速これに乗り込み、出発を待ちます。

北条鉄道 車窓
北条鉄道からの車窓。
粟生駅を出発すると車窓は長閑な田園風景が目につきます。

法華口駅
そんな田園風景の中にあるであろう、途中の法華口駅。木造の古い駅舎で、途中下車も考えたんですが、また一時間も列車を待つのはちょっと・・・・

と言うことで車内からの撮影で済ませました。しかも帰りの車窓。

長駅
長駅。北条鉄道は風情ある木造の駅舎が多いです。

北条町
そんな感じで粟生駅から約20分、北条町駅へ到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三木鉄道沿線

三木鉄道を乗るだけでは時間が余ってしまいますので、
適当に沿線の散策をしたのですが・・・・

・・・・

びっくりするぐらいに何もありません。
ほんと、びっくりデス。

店らしき店すらなく、
辛うじて道の駅があるぐらいで(だが、結構離れている)
それ以外は田んぼと、民家だけ。

まあ、あまり下調べせずに来てしまったので、
ひょっとしたら何かあるのかもしれませんが・・・・
なので、周辺の駅を撮ってみた。

国包駅
まずは厄神駅の隣、国包駅

駅の建物がとてもユニークな駅でした。
写真に収めていませんが・・・≧(´▽`)≦

高木駅

高木駅 ホーム

続いては三木駅の隣の駅高木駅

・・・・うーん、
この駅からいったい何人の人が利用のために乗車して
いるのでしょうか・・・そんな感じの駅です。

そして、この公衆電話・・・
きっと緊急の非常事態以外に使われることはないんじゃないかと
思いを巡らせたりして・・・

最後は石野駅
石野駅

古い趣のある小さな駅ですが

疲れる。ここまで歩くと流石に疲れる。

石野駅の構内

石野駅 厄神方面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三木鉄道

ということで、
初回は、4月1日に廃線になる三木鉄道の乗車記録でも。

この三木鉄道は今年4月1日で廃線が決まっている路線です。
なので、なんとかその廃線前に是が非でも乗っておかなければと思っていまして、2月のある日にようやく初乗車してまいりました。
私、住まいは兵庫県なのですが、この三木鉄道は今まで一度も乗ったことがなかったんですよね。

Img_1175

早速、兵庫県の加古川市にある厄神駅に向かい、そこから乗車します。
しかし、廃線寸前の為でしょうか、結構な数の人が私と同じ考えでこの列車に乗って、写真を撮っていましたね。

Img_1179

三木鉄道は営業距離がたったの6.6kmしかありませんので、あっという間に厄神駅から終点の三木駅に到着しちゃいます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)