« 2009年6月 | トップページ

2009年8月

大阪環状線 今宮駅

Rimg4383
大阪環状線今宮駅にやってまいりました。
この駅は大阪環状線のなかで一番乗車客の少ない駅であります。

Rimg4384_2
ホームは大阪環状線と関西本線のホームが上下別々に備わっております。

こちらは大阪環状線のホーム。
幅の狭さが乗客数を表しているように感じられます。

ここから階段を下りると関西本線のホームがあります。

Rimg4385
そしてこちらが関西本線の今宮駅のホーム。

Rimg4388
関西本線側の駅名表。

環状線とは違い緑のラインカラーで表示されてます。

Rimg4391
今宮駅。
駅前もホームセンターがあるぐらいで、あとはマンションや小さな問屋のようなものが立ち並んでいるぐらい。

Rimg4393
で、そんな今宮駅周辺を適当に彷徨い歩いてみます。

Rimg4394
近くには資源回収の業者も多く存在することもあるのか、歩いているとよく見かけるのがこのようなリヤカー。

「いったい値段はいくらなんだろう」という素朴な疑問が湧き、調べてみると7,8万結構
高い。

Rimg4400
更に歩くとこのような看板を発見。

今現在もこの看板があるのかは知りませんが過激です。

Rimg6916
こちらの写真は別の日ですが、今宮駅近くの建物。

1階と2階の各部屋へ続く扉なんだろうけど・・・・扉多すぎ。

Rimg4396
こちらは閉鎖された公園。
憩いの場である公園が閉鎖中。

Rimg4397
理由はあえて触れませんが、厳重にフェンスで囲まれて入れないようにしてます。

というわけで今宮駅でした。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

南海電気鉄道 萩ノ茶屋駅

どうも、2ヶ月ぶりの更新であります。
このブログを更新する時間がなかなか取れずに気がつけばお盆になっていました。
また適当に(頻度は遅くなるでしょうが)ぽつぽつ更新していきますのでよろしくです。

Rimg7415

というわけで
前回乗り込んだ大阪の下町を走る南海汐見橋線乗車の続きですが、この汐見橋線では途中下車せずに南海電車の萩ノ茶屋駅へ向かいました。

画像は汐見橋線の西天下茶屋駅。
いい具合に塗装が剥げていました。

Rimg7423

汐見橋駅から岸里玉出駅で降り、そこからなんば方面へ2駅、萩ノ茶屋駅で下車です。

Rimg7422

萩ノ茶屋駅ホーム。

駅は高架になっておりそれほど乗客の乗り降りもありませんでした。
この駅は南海本線は通過だけで、南海高野線のみの駅となっております。

Rimg7428

萩ノ茶屋駅。

高架の真下が丁度出入り口となっており、
どことなく戦後間もない雰囲気のする高架下です。

で、駅の周辺は日本一の労働者の町(ドヤ街)の中にあり、独特の雰囲気が漂ってます。

Rimg7427

そんな萩ノ茶屋駅から出るといきなり立ち飲み屋が店を構えてました。

Rimg7430

更に駅周辺は露天の店が多く構えていたりもしてます。
中には「こんなもの誰が買うんだ」と言ったようなものが平気で売られていたりします。

ちなみにこの辺りで露骨にカメラを向けていると因縁をつけられたなどを聞いたことがあるので、出来るだけ人が写らないよう、そっと写真を撮ってます。

怖そうなところなんですが、結構このような町を歩くのは好きだったりします。

まあ、これといって大きな被害にあったことがないから言えるのかも知れませんが・・・。
あと、この辺りは「じゃりん子チエ」の舞台になっていたところだそうです。

Rimg7431

そんな萩ノ茶屋駅周辺の高架沿いを何気に歩いていると
このようなものが作られていました。
これね、多分ハトよけのために取り付けられたものだと思うんですが・・・

逆に巣の役割の一部になっておりました。
なんともまあ、皮肉な結果に・・・。

Rimg7443

こちらは呑み屋の屋台。

路上に店を構えてあるところがすごい。
いっぱい並でます。

Rimg7429

こちらは駅前の萩ノ茶屋商店街。

Rimg7441

中は食料品店などよりも飲食店が多かったです。

Rimg7425

とまあ、こんな感じで下町情緒溢れる雰囲気の萩ノ茶屋周辺を歩いてまいりました。

| | コメント (63) | トラックバック (2)

« 2009年6月 | トップページ