« 能勢電鉄 妙見ケーブル黒川駅~山上駅 | トップページ | 能勢妙見山 妙見宮探訪 後編 »

能勢妙見山 妙見宮探訪 前編

妙見ケーブルを使って妙見山の中腹ほどに到着しました。

ここから山頂へは更にリフトを使って登ります。


妙見ケーブルカー山上駅にあった案内標識。

手作りの味わいがとてもよく出ています。

妙見リフト乗り場
ケーブルカーの駅から2.3分ほど歩くとリフト乗り場です。

料金は片道250円、往復で480円。このリフトは往復割引があるんだ・・・。

当然周遊パスがあるとこれにも乗ることが出来ます。

そしてリフトを登りきればそこは妙見山の山頂付近。


という事で、早速リフト乗り場で周遊パスを見せつけ、
リフトを動かしてもらいます。

リフトの足下にはコスモスの花が咲いていて、朗らかな秋の雰囲気が漂っていました。


リフトに乗って約10分、
麓からだとケーブルカーとリフトを乗り継いで約15分、とても楽に山頂付近へやって来ることが出来ました。


で、リフト降り場から歩いて5分ほどで妙見宮に到着。

このお寺は関西の日蓮宗霊場になっているお寺です。

そして早速中へ・・・・

神馬
鳥居をくぐるとまず目に付いたのが神馬。 
結構大きな神馬です。

星嶺(せいれい)
そしてもう少し足を進めると
この妙見宮で一番目立つ、星嶺(せいれい)と呼ばれている信徒会館が聳えています。

この会館はここの星型の紋章を模ったデザインになっていて、とてもインパクトがある建物です。 


一応、中の見学は自由ですが撮影は禁止でした。

中は売店や休憩所などがあり2階部分は床がカラス張りの礼拝堂がありました。


その星嶺のすぐそばの眺望絶佳。

|

« 能勢電鉄 妙見ケーブル黒川駅~山上駅 | トップページ | 能勢妙見山 妙見宮探訪 後編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能勢妙見山 妙見宮探訪 前編:

« 能勢電鉄 妙見ケーブル黒川駅~山上駅 | トップページ | 能勢妙見山 妙見宮探訪 後編 »