« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

阪急電鉄 箕面駅

今年最後の更新は箕面駅です。

だからどうだというわけでもないですし・・・大晦日の雰囲気のある駅でもないですが2008年最後の更新であります。~~\(-ω- )


という事で、阪急箕面駅。

この駅の前は紅葉と滝が名所になっている箕面滝道の入り口があり、紅葉のピーク時などは大変混雑する場所です。



箕面駅ホーム。
ホームが少しカーブしている。

左が1号線列車のホームで右が2号線。

普段は1号線を使い、臨時や直通列車が来るときは2号線も使うそうです。



駅名標とホーム。

この駅から箕面公園へ行く人がちらほら見られました。


車止め。


最後は駅前にある、青い地球という銅像。

母親らしき人はいったい誰に手を振っているのだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 石橋駅

阪急箕面線に乗るために川西能勢口から2つ目の駅、石橋駅へとやって参りました。

この駅から阪急箕面線が出ています。

石橋駅
大阪府池田市にある阪急石橋駅。

こちらは東口なのですが、
駅前はとても狭くなっていて、辺りもなんだかごちゃごちゃしています。


で、こちらは西口。

東口よりも更に狭くて窮屈・・・それでいて人が割りと多い。


駅周辺の通り。

映画のセットみたいにならんでいて、とても狭い。


駅構内に移って、駅名標。

手前の2番ホームが梅田方面、奥の1番が宝塚方面。


箕面は紅葉の名所ということもあってなのか、ホームには紅葉の葉が描かれていました。(でも、ここは箕面駅ではなく、石橋駅ですが・・。)


で、この5番線が箕面線のホーム。

このホームだけ単線で、平日のラッシュ時のみすぐ右にある3番、4番線が使われているそうです。

支線にもかかわらず割と多くの人が乗り込んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪急電鉄 川西能勢口駅


能勢電鉄を完乗して、再び川西能勢口駅へ戻ってまいりました。

とりあえず駅周辺などを撮影しました。


駅はちょうど県道をまたぐ様に設置されています。
あと、JR線の川西池田駅とも陸橋で一応つながっています。

でも少し離れていて、5分は歩かないといけないと思う。


阪急宝塚線のホーム。

能勢電鉄もあるので割と広い構内になっています。


駅前。

手前には何かのモニュメント、後ろの白いロウソク又は聖火台みたいなものはなんだろう?

火は灯るのか?・・・。


で、こちらは駅近くにあるショッピングモール。

その一角に佐世保バーガーのお店があったので昼食がてらに買ってみることにしました。

ちなみに私、この佐世保バーガーなるものは初めてで、イメージは大きなハンバーガーというものを持っています。


これが佐世保バーガー。

画像ではわかり難いですが玉子焼きやベーコンなどが色々と挟まっていて
とても具沢山なハンバーガーでした。

味はマクドナルドのように設定された味ではなく、手作り感の強い印象を受けた味でした。 

大きさも2種類(たしかかラージとスモールがあった記憶があるのですが失念)

で、これは小さいほうだったと思う。

量は個人差がありますが、私はこれ一個で十分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢電鉄 絹延橋駅

能勢電鉄絹延橋。 

この駅の近くを度々訪れていた時期があったので、少し寄ってみました。

絹延橋
川西能勢口駅から一駅のところにある絹延橋駅。

駅は住宅街の真ん中に埋もれたように佇んでいて、うっかりすると見逃しかねない駅です。


改札口。

出入り口は一つで、日生中央・妙見口方面のホームへは構内の踏切を渡って行きます。


こちらは川西方面のホーム。


駅名標。


駅から少し歩くと猪名川が流れていて、ここで絹を干していたことから
そのまま地名、駅名になったそうです。

そしてその向こう側に見える山が五月山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢妙見山 

妙見宮を一通り見学した後、帰りは乗り物を使わずに歩いて下山することに・・・。


という事で、リフト乗り場のすぐ手前の道を通って行くことにした。



で、ここを下るとケーブル乗り場のすぐ脇に出るのですが、
他のルートと比べると傾斜がきついと紹介されています。 

途中、年配のハイカーの人達がヒーヒーと言いながら
山を登っているのをすれ違いざまに見たりと、無茶苦茶ではないにしろ結構大変な道です。



そんな道の脇に咲いていたアキチョウジの花。

この時期に岐阜から西によく咲いている多年草。

逆に東に行くとセキヤノアキチョウジなる、これと似た花(ほとんど一緒)がよく咲いているそうです。


あと、草花以外にはこのような倒壊した家が・・・・。

いったい何がどうなってこうなったのだろう・・。



そして更に進んでいくと
祠のようなものが割りと多く祀られている所に出ました。

この階段を上って鳥居のところまで行こうかどうか悩んだのですが、
さすがに体力もそこそこ使っていたので、遠慮することに・・・。( ̄- ̄ )


これは逆にメインの通りから見下ろせる位置にある祠だろうか・・・。

すごい狭い所に多くの建物があっておもしろい。

でも、疲れていてとても下りる気には・・・・。|||(-_-;)|||||


その祠から少し歩くと、
今度は古い家が数軒並んでいて、なんだか廃村を歩いているみたいな気にさせられます。

表札があったので誰かの家なんだろうけど、人が住んでいるようには見えなかった。物置にでもなっているのだろうか・・。


で、ここまでくるとケーブル乗り場まではすぐの位置。


鳥居をくぐり少し歩くとケーブル乗り場の横に到着。

大体一時間ほどで下山することが出来ました。

この道の傾斜などを考えると、登りはもう少し時間がかかるかも。


最後は睨みを利かせた螳螂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢妙見山 妙見宮探訪 後編

妙見山にケーブルカーとリフトを使って楽に登ってきた私・・・。

山頂にある妙見宮の星嶺(せいれい)と山からの眺望を拝んだ後、今度は妙見宮の本殿へ行ってみることに・・・。


妙見宮の山門。

この山門は敷居の所で大阪府と兵庫県のちょうど県境になっています。


山門をくぐるとすぐに鐘楼と日蓮大聖人銅像。



鐘楼を通り過ぎて階段を下ると左に社務所があり、

ここで能勢妙見山周遊パスを提示すると・・・・

開運お守り札
このような開運お守り札なるものを頂く事ができます。

これで福を招き入れることができるのでしょうか・・・?


そしてこれが妙見宮の本殿。 

通りが狭いので正面からは画面に入りきらない。


ということで少し離れて本殿を撮影。

それでも建物全体を撮ることが出来ない。

それぐらい道幅が狭く、正月などはどうなるのだろうかと少し疑問がわきました。


本殿を含め、建物の彫りや灯篭など、なかなか目を引くものが所狭しと色々置かれていました。


どこかの屋敷のような妙見宮の入り口。

ハイキングコースからだとここから妙見宮へ入ることになります。

このあたりだけ、とても山頂にあると感じ難い気がしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢妙見山 妙見宮探訪 前編

妙見ケーブルを使って妙見山の中腹ほどに到着しました。

ここから山頂へは更にリフトを使って登ります。


妙見ケーブルカー山上駅にあった案内標識。

手作りの味わいがとてもよく出ています。

妙見リフト乗り場
ケーブルカーの駅から2.3分ほど歩くとリフト乗り場です。

料金は片道250円、往復で480円。このリフトは往復割引があるんだ・・・。

当然周遊パスがあるとこれにも乗ることが出来ます。

そしてリフトを登りきればそこは妙見山の山頂付近。


という事で、早速リフト乗り場で周遊パスを見せつけ、
リフトを動かしてもらいます。

リフトの足下にはコスモスの花が咲いていて、朗らかな秋の雰囲気が漂っていました。


リフトに乗って約10分、
麓からだとケーブルカーとリフトを乗り継いで約15分、とても楽に山頂付近へやって来ることが出来ました。


で、リフト降り場から歩いて5分ほどで妙見宮に到着。

このお寺は関西の日蓮宗霊場になっているお寺です。

そして早速中へ・・・・

神馬
鳥居をくぐるとまず目に付いたのが神馬。 
結構大きな神馬です。

星嶺(せいれい)
そしてもう少し足を進めると
この妙見宮で一番目立つ、星嶺(せいれい)と呼ばれている信徒会館が聳えています。

この会館はここの星型の紋章を模ったデザインになっていて、とてもインパクトがある建物です。 


一応、中の見学は自由ですが撮影は禁止でした。

中は売店や休憩所などがあり2階部分は床がカラス張りの礼拝堂がありました。


その星嶺のすぐそばの眺望絶佳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢電鉄 妙見ケーブル黒川駅~山上駅

せっかく妙見口駅までやってきたので、
妙見山に登って、山頂付近にある能勢妙見宮に向かってみることにしました。

あと、能勢妙見宮で能勢妙見山周遊パスを提示すれば粗品がもらえるといった理由もひとつあったりで・・・。 

能勢電鉄 妙見口

とりあえず山頂に向かうにあたり、
妙見山のハイキングコースは幾つかのコースがあるようで、見たい景色や距離、所要時間などを考慮して妙見山へ登ることが出来るみたいです。

距離は大体駅から5㌔前後で、登山がきつい人ならリフトで山頂の近くまで行くこともできます。


で、私はと言うと
行きはせっかく乗り放題のキップもあるという事で、ケーブルとリフトを使って登ることに・・・。


妙見口駅からケーブル乗り場までは大体1キロちょっと歩いたところにあります。

その途中には人通りが少なそうなところではお決まりなのか、チカンの注意を促す看板が・・・。

看板にはサングラスをかけて悪ぶっているヒヨコちゃん・・・。

(サングラス=悪)というマジメな発想がちょっと古さを感じると言うか・・・絶対こんなキャラがチカンなんてしないだろう。



ケーブル乗り場に続く道には乗り場の道標が幾つか備わっていたので、なんの心配もなく山間の道をテクテクと進んでいきます。

こういった周りが山に囲まれているところを歩くのはとても好きです。(迷っていたら洒落になりませんが・・・。)


そして山間の道を鼻歌交じりに歩きながら妙見ケーブル乗り場の黒川駅に到着。


ケーブルカーの乗車料金は片道270円。
往復で540円・・って往復割引が・・・ない。

まあ、私は能勢妙見山周遊パスがあるので料金は不要なんですが・・・。


と言うわけで、
早速、乗り場で周遊キップを見せ、高低さ229メートルを登るときめき号へ乗車します。

ケーブルカーはいつ乗っても、
このひし形のフォルムが私をなんともいえない乗り心地にさせてくれます。



あと、このケーブルカーの運行時間は大体20分間隔で、
この黒川駅から山上駅までを5分の時間を使って登ります。

そして乗車の間に係りの人が
このあたりの歴史などをアナウンスしてくれました。


そのアナウンスに耳を傾けながら景色を眺めていると、あっという間に山上駅に到着。

ちなみにここはまだ山頂ではなく、山頂には更にリフトで登る必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢電鉄 妙見口駅

山下駅から妙見線を使い、約10分足らずで終点妙見口駅に到着。


これで能勢電鉄を無事に完乗したことになりました。

妙見口駅
大阪府能登郡豊能町にある妙見口駅。

駅は妙見山(標高660m)の麓にあり、その山はハイキングコースになっています。

あと、歩く以外にも妙見山へはケーブルカーとリフトで登ることも出来て、その乗り場は
この駅から一キロちょっと先にあります。

改札口
改札口。

駅は無人駅でした。

作業車
駅ホームの脇には作業車が留置されていました。

駅前はお土産物屋兼雑貨物屋が少しあるぐらいで、あとは山と畑が多くある長閑な場所になっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢電鉄 山下駅

能勢電鉄を完乗するにあたり、日生線と妙見線の分岐駅である山下駅にも立ち寄ってみました。


能勢電鉄 山下駅
能勢電鉄山下駅。

日生中央駅からは一駅です。

改札口
改札口。

ちょうど通学・通勤時間という事もあって、割と多くの学生・サラリーマンなどがこの駅を利用していました。



ホーム。


妙見口方面。


駅名標
駅名標。


案内板
次は妙見線で妙見口へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢電鉄 日生中央駅

川西能勢口駅から能勢電鉄に乗り込み、日生線で終点日生中央駅にやってきました。

日生中央駅
兵庫県の猪名川町にある能勢電鉄日生中央駅。

このあたりは日本生命が開発した街ということで、駅の名前が日生中央駅となったそうです。

改札口
割と近代的で広々とした改札口。


ホーム。


ホームの少し先には日生エクスプレスが待機していました。

この列車は平日のラッシュ時に、ここから阪急梅田駅までを直通している特急列車。

駅前
この辺りは長閑な山間の中に町がある感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能勢電鉄 川西能勢口駅

( ノ゚Д゚)ドウモ

何かと色々とありまして3週間以上に渡り
このブログを完全放置してしまいました。 

しかしながら
これよりまた、ぼちぼちと更新を再開していきたいと思いますのでよろしくです。

というわけで、早速前回の続きをば・・・



まず前回の阪急梅田駅から宝塚線を使って、阪急電鉄と能勢電鉄が乗り入れを行っている川西能勢口駅へとやってきました。

当然この駅にやって来たのは能勢電鉄を完乗するため。

駅名標
クリーム色の駅名標。

能勢電鉄 車両
能勢電鉄の車両。

能勢電鉄の車両は阪急の中古を使っていて、阪急との違いは社名のデザインだけでぱっと見ではわかりづらくなっています。

以前はオリジナルのペイントを施して走っていて、その頃にちょくちょくこの辺りに来る機会があり、そのペイント車両をよく見たものなんですが、いつの間にやらこの色に統一したみたい。

個人的には前のままのほうが感慨が伴って良かったのですが・・・残念です。(でもいま100周年の記念で2009年3月までの間、昔の塗装が復刻して走っているようです。)


ホーム
能勢電鉄ホーム。

1番線から3番線が阪急宝塚線で、4,5番線が能勢電鉄のホームになっています。

とりあえず案内板には妙見口行きの列車を表示していますが、まず私が能勢電鉄に乗って向かった先は日生線の終着駅日生中央駅。

能勢電 運転席

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »