« 蔵王山へ行こう(愛知県) 前編 | トップページ | 岡崎公園前駅 »

蔵王山へ行こう(愛知県) 後編

蔵王山自然歩道
頂上にたどり着く喜びを感じるため、風車のある頂上へと道を再び戻す。

草木に絡み合う木漏れ日から、ほのかな山の息吹ようなものを感じさせてくれる気がする。

タチツボスミレ
登山道の脇に目をやると、どこにでも見られるタチツボスミレが咲いていた。
花や昆虫の詳しい名前などはわからないんですが、こういったものを撮るのが結構好きで、時々写真に収めたりしています。所詮は上っ面の楽しみ。


山の6合目を越えた辺り。ここには蔵王権現と書かれた幟が立てられてあった。ここまでくれば頂上はすぐそこ。

桜の芽と風車
風車も麓と比べるとかなり大きく捉えられる事が出来てきた。

蔵王権現
蔵王権現と書かれたお堂でいいのだろうか・・・・そのようなものが幟の近くに建っている。 ちなみに、蔵王権現という名にちなんで、この山が蔵王山と呼ばれているらしい。
左奥にチラッと見える建物が展望台。
そして一円も忘れずに入れ、頂上へ・・・

蔵王山頂上
権現の森からここまで1時間程であろうか、頂上へ無事に到着。
菜の花の香りが春を感じさせる。


蔵王山 風車
で、
早速風車の近くまで行ってみると、思った以上に風車が大きいと気づかされる。
訪れた時は無風に近かったためか、風車はわずかに回っているぐらいだった。
個人的にはもっとグルングルン勢いよく回っているところを見てみたかったものだ。

蔵王山 展望台
そしてこれが蔵王山展望台。風車のすぐそばにあり、入場は無料。

この日は土曜日だからか、頂上にはじいちゃんばあちゃん、それに家族連れやツーリングがてらにここまでやって来たライダー姿の人達などを結構多く見かけた。
蔵王山展望台内
展望台内はこんな感じで、ここから田原市の町や渥美半島を360度見渡す事が出来る。
あと、条件が良ければここから富士山を見ることができるのだが、この日は残念ながら見る事が出来なかった。 月単位で富士山が見られた回数が表示されているが、やはり空気が澄んでいる冬場のほうがよく見られるようだ。

展望台から三河湾の眺め。向こう側に霞んで見える陸地は蒲郡市辺りであろうか、
眺めはかなりいいです。
地元の人の話ではここからの夜景が綺麗との事。
あと、田原市内と言うより渥美半島は風が強いのだろうか、入り江の方には風車などが数多く立ち並んでいる。

オムソバ
その後、山登りで小腹が空いたので展望台内にある売店でオムソバ(400円)を食べて、蔵王山を後にした。

|

« 蔵王山へ行こう(愛知県) 前編 | トップページ | 岡崎公園前駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今日はおまえらに、日本社会の仕組みというものを、とくと教えて­やるよ。

実はおれたち若手在日エリートが集まって、日本社会には知られて­いない団体というか、
結社みたいなものを作っている。
おまえらには想像つかんだろうが、おれたちの集まりは凄いぞ。金­持ちばかりだ。
毎月一回、若手在日が集まってる。六本木のあるクラブだ。
おれたちが集まるとき、クラブの周りには高級車だらけになる。
メンバーは、おれみたいな会社の役員が中心だ。
パチンコチェーン、金融業、不動産、飲食業、などの若手経営者が­多い。
ほかにも芸能プロの社長とか、暴力団の幹部とか組長の息子とか、

芸能人や財界人、アスリートに多くの隠れ同胞がいると知ったと­き
馬鹿な日本人が知りもせず熱烈に支援する様に、笑みがこぼれてし­まう

・幅広い人脈を持つ在日の友人が、モデルやってる日本女を紹介し­てくれたとき
もちろん美味しく頂いた
(意外と奥手で、たどり着くのになかなか時間がかかったが)

本国から来た知り合いの同胞が、今も付き合ってる清楚で上品な­日本女に和服着させて、
当の本人は軍服着て、従軍慰安婦プレイなるS行為を施してると聞­いたとき
燃える日の丸を片手に掲げ、挿入しながらむせび泣く日本女の顔と­声を堪能できるとは、
知日派で日本の強大さを知る彼だからこそ、まさに極楽浄土にいる­ようだと
最後の中出しでは、あまりもの肉体的、精神的絶頂感にブラックア­ウトしてしまうそうな

宗教団体の幹部とかそんな連中ばっかりだ。
いいか、クソども。おれに嫉妬するんじゃねえ。おれとおまえらど­もでは、住む世界が違うんだ。
たとえば、だ。おまえらが、ボロアパートでシコシコやってる対象­のグラビアアイドルとか、
女優とか、大半はおれたち在日エリートのお古なんだ。
もう笑っちゃうぜw。日本人の女っていうのは、しょせんおれたち­みたいに
金持ちの、権力のあるやつが好きなんだ。
いいか、おれたちが食った女優やモデルの卵や何かが、今テレビに­出てるんだよ。
とにかく、おまえら下層ジャップが泣こうが喚こうが、この世の中­金をもっているやつが勝ちなんだよ。

これはどうしようもない。支配のシステムは崩せない。朝日もTB­Sもおれたちの同胞、影響にある。
おまえらは知らないだけで、おれたち在日の有力者は金を武器に想­像以上に日本社会に
食い込んでいる。これは崩せない。誰にも崩せない。
おまえら失業者か、失業間じかの、ボロアパートでおれたちのお古­女を妄想して
シコシコやってる連中には分からない。関係ないことだ。

これが在日の本音です。

なにかの記事で読んだんですけど、芸能界では朝鮮の血を引いてい­るというのが重要で、日本人は出世できないんだそうです。
事実かどうかはわかりませんが、まんざら嘘ではないんじゃないか­って思います。
芸能界はいつ頃からそんなふうになってしまったんでしょうね。
言われている通り、日本人はごく一部しかいないんでしょうか?
そう考えると、芸能界にもうなんの魅力も感じなくなりました。

投稿: kiki | 2012年2月13日 (月) 06時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵王山へ行こう(愛知県) 後編:

« 蔵王山へ行こう(愛知県) 前編 | トップページ | 岡崎公園前駅 »